« 新井口駅 | トップページ | 可部線 緑井駅 »

特牛駅

Dscn0085
Dscn0084
 特牛駅へ行ってきました。山陰本線の長門市ー幡生間はすでに乗車済みですが特牛駅は無人駅のため訪れたいと思いながらも今日になってしまいました。難読駅名の西の大関あたりに位置するのではないかと思います。駅は中心地である港より少しばかり入り込んだ、また国道より細い道を数分登りきったところにあります。
平成の大合併で同区間はほとんどが下関市と長門市に含まれることとなった。山陰本線は本来の幹線という使命は終えてローカル線の寄せ集めのようになってます。特にこの区間は沿線にこれといった都市も無いが為に優等列車は廃止されてかなりの年月がたっている。

 同駅は映画「4日間の奇蹟」のロケに使用され、駅には出演の西田敏行さん、松坂慶子さん、石田ゆかりさんらのロケ風景の写真が飾られていました。ここだけは時間がゆっくりと流れているようなそんなたたずまいの駅でした。駅員はいませんが地元の人が野菜を販売してしておられました。今時珍しい、木製の改札口を抜けてホームへの階段を駆け上がるとホーム1面だけの小さな駅ですが情緒いっぱいでした。映画のワンシーンがいやがおうにも浮かんできそうでした。映画のもうひとつのロケ地である角島へ足をのばしました。エメラルドグリーンの海原の上を1本の橋が架かっている。映画のシーンや写真で見るのと違って現地をこの目で確かめめることが出来たのはとてもよかったと思いました。GWまっさかりだったのでほんとは小さな島なのに大渋滞でロケ地を巡ることが出来ませんでした。映画はとてもよかったので視聴されることをお勧めします。この風景を見てから観るか、観てから見るか。Dscn0081
Dscn0082

|

« 新井口駅 | トップページ | 可部線 緑井駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
特牛駅に行かれたんですね。
以前そこは僕の祖父が委託されてやっておりました。
小さな売店があり、酒の配達もしていたのを覚えています。
住居も駅と合体していて夏休みには泊まりに行って駅の待合室で遊んだり、おやつには売店のお菓子をもらって食べていたのが懐かしいです。
お風呂が五右衛門風呂で駅の写真で言うと、左奥の方に離れの小屋があったのを覚えています。(今はあるのかなぁ)
なにしろ僕も10年以上も行ってないもので・・・。
いやぁ懐かしいですねぇ。

投稿: 大和 | 2006年7月15日 (土) 12時13分

大和さん、コメントありがとうございました。駅舎の奥のほうは見ませんでしたが、そんなストーリーがあったのですね。
 貴重な体験談をありがとうございました。

投稿: うてきなぷりぱ | 2006年7月15日 (土) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特牛駅:

« 新井口駅 | トップページ | 可部線 緑井駅 »