« 海田市駅 | トップページ | 呉ポートピア駅 »

井口駅

 JR西日本新井口駅から五日市駅まで約2.4km続くJRと広島電鉄宮島線の併走区間の途中にあるのが、広島電鉄宮島線井口駅です。当駅は鈴峯女子大前駅と同様、JR山陽線との並走区間にあるために上り線ホームが踏切の中にあります。特に朝のラッシュ時は車と横断と重なり踏み切り事故も多いため今後の改善が望まれるところです。

 井口駅は駅北側の旧街道の面影をかすかに残す一面と、南側の埋立地にある商工センター及び県立井口高校の玄関駅として現在に至っています。

 駅の周辺には今の井口を語る色んなものがあるので紹介します。

 まずは小己斐島です。線路側からは建造物にかくれて見えませんが公園内に突如あらわれる島があります。

 案内板です
 Dscn0137

 島の全景です。今でも海とはつながってます。



 Dscn0138

 おそらくかつての港の船付場の遺構だと思うのですがいかがでしょうか。今は個人宅の花壇になってます。

Dscn0139


 井口駅の駅名版です。


 Dscn0140


 そして最後に県立井口高校名物? 学校外周ランニングコースに何箇所か設置している「走者注意」のおしらせです。部活をされているかたはもとより、体育の授業などで一度は走るコース。ちょうど平坦で歩道も整備されていて距離的にも程よくランニングコースには適していると思います。走っている当人は大変かと思いますが、通行人をよけながら走っていく風景も井口の風物詩に定着したと思います。
 がんばれ 井口高校諸君!!!

 Dscn0141

|

« 海田市駅 | トップページ | 呉ポートピア駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井口駅:

« 海田市駅 | トップページ | 呉ポートピア駅 »