« 昔の記憶をたどって 1 | トップページ | 二つの網干駅 »

鉄砲町

Dscn0178
 松山駅前から伊予鉄道市内線に乗り込む。やってきた車両は見るからに新型車両。いわゆる低床車である。車内に目をこらすと運転台はステップを何段か登ったところにあり運転台に申し訳程度の座席がある。なんとも面白いレイアウトであります。

 そもそも今回の松山訪問では市内線乗車は予定に入ってませんでした。松山駅で伊予市方面の列車が1時間以上ないのでこういう事態になりました。県庁所在地の駅なのにせめて30分間隔でデータイムは運行してほしいと思いました。

 松山駅前駅を出るとほどなくして右に大きくカーブしてビルの谷間を走行し始めた。そうかここから専用軌道だったのか。最近は昔のように念入りに計画を練って下調べをして旅立っていましたが、最近は行き当たりばったりの旅行がふえている。やはりご利用は計画的にですよね。

 専用軌道をしばし走ると「鉄砲町」に到着した。いかにも城下町らしいこの駅名。こういう駅名、地名はずっと残して頂きたいです。駅周辺はいわゆる文教地区で夏休み中とはいえ学生の姿が目だった。駅の傍らにはドラマ「がんばっていきまっしょい」で鈴木杏さんがクラスメートを待っていたpお好み焼き屋さんがありました。

 

|

« 昔の記憶をたどって 1 | トップページ | 二つの網干駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄砲町:

« 昔の記憶をたどって 1 | トップページ | 二つの網干駅 »