« 静寂の中の分岐駅 | トップページ | 由良之助 »

夢前 

 「夢前」 ゆめさきと読みます。前を「さき」と読ますのは松前でも紹介いたしました。ゆめさきって夢先案内人を思わせる響きですね。駅の東側、飾磨方面よりに夢前川があります。姫路市内には他に市川、林田川があります。姫路はこれらの川の恵みで発展していきました。

 こじんまりとした駅ですがかつては券売機がたくさん並んでいたと思われる面影が垣間見られます。入り口は広くとってあり高度成長期は賑わったのであろう。昔の面影を残す駅前と、新日鉄の遊休地に立てられた大型商業施設があります。昭和と平成が向かい合わせのそんな駅周辺でした。

 Dscn0212

 

|

« 静寂の中の分岐駅 | トップページ | 由良之助 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

駅が好きなんですね。
僕が暮らしている所はつくばエキスプレスの沿線沿いです。
あの辺りは急速に開発が進んでいますね。

投稿: ツヨシ | 2006年8月26日 (土) 21時03分

ツヨシさん、コメントありがとうございました。つくばエキスプレスは未体験ですので、機会があればぜひ乗りたい路線です。

投稿: うてきなぷりぱ | 2006年8月27日 (日) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢前 :

« 静寂の中の分岐駅 | トップページ | 由良之助 »