« 鉄砲町 | トップページ | いとしのヒナゴン »

二つの網干駅

Dscn0218
兵庫県姫路市網干区には二つの網干駅があります。JR西日本山陽本線網干駅と山陽電鉄網干駅である。網干と書いてあぼしと読むのはある意味難読地名といえるでしょう。

 海沿いに面した本来の中心地にある山陽網干駅、姫路市というよりも太子町の玄関駅の感があるJR網干駅、共に異なった雰囲気がある。

 まず山陽網干駅より、網干の主要施設がここに集まってます。しかし駅前は閑散としており駅ビルは開きテナントとなっている。現在は無人化されている。
Dscn0217

 ここから車でJR網干駅へ北上するとその中間あたりに商業施設が目立ちます。

 JR網干駅です。網干電車区があり姫路口の列車の多くがここの始発となります。宅地化が進んでますが駅周辺は閑散としてます。近くには東芝の工場や国宝の建造物がある聖徳太子ゆかりの斑鳩寺があります。
 駅南の駐車場には、西芝電機の輸送に使われてと思われるDCが保存されていました。

 Dscn0219

Dscn0220

Dscn0221

Dscn0222

 
 

 

|

« 鉄砲町 | トップページ | いとしのヒナゴン »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つの網干駅:

« 鉄砲町 | トップページ | いとしのヒナゴン »