« 草津ミナト | トップページ | おいらの駅のほうが歴史があるんだぞ »

踏み切りにも名前あり巻2

 別れの茶屋踏み切り。かつて江戸時代の街道筋の分岐にあったお茶屋さんから由来してます。歴史の流れを感じます。広島電鉄宮島線西広島ー東高須間

 Dscn0310

 この踏み切りは警報機がありません。個人宅の通用口に直結してます。関係者以外は渡れない○○さんちの踏み切りとでも名づけておきましょう。

 Dsc00071


おまけです。近所の旧街道にありました。源左衛門橋です。人の名前でしょうか、交差点の名前にもなってます。

 Dsc00072


Dsc00073

 

|

« 草津ミナト | トップページ | おいらの駅のほうが歴史があるんだぞ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ここ、TVでやってましたよ!
玄関につながる踏み切りってめずらしいですよね

「別れの茶屋」

って名前もの悲しくて・・

そうれから「アラ」買いましたよ!
まだ蓋をあけていませんけど♪

投稿: ゆみ | 2006年9月11日 (月) 12時40分

 ゆみさん、いつもx3コメントありがとうございます。この踏み切りは今回のブログ取材で偶然見つけたのですが、有名なところだったようですね。地元民なのに完全に見落としてました。

投稿: うてきなぷりぱ | 2006年9月11日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踏み切りにも名前あり巻2:

« 草津ミナト | トップページ | おいらの駅のほうが歴史があるんだぞ »