« 県庁の星 | トップページ | みんな昔は子供だった »

地御前-1

 広島電鉄地御前(じごぜん)駅の北側にはかつての古い町並みが残ってます。

 車窓からも見えます。(写真は車窓側とは反対の表口側)です。かつての商家でしょうか。
Dscn0328

土壁が確認できます。
Dscn0329

時空にまぎれたような細い路地です。
Dscn0326

地御前小学校の向かいの体育館とを結ぶ陸橋です。
Dscn0327


|

« 県庁の星 | トップページ | みんな昔は子供だった »

コメント

ゆんたくエキスプレス判世界の車窓から、ですね           遅れましたが、こんにちは  向洋に住んでるもので、広電には縁がありません、何処をどう走ってるかよく判ってません・・・・・・・・・・・宮島ボートに着てるので、それなりに想像してましたが、いいとこ走ってますね。 余談ですが千代の春は、酒専門店には置いてないことを指摘されて気付きました。正式には、千代乃春で、駅ビルの2階に居酒屋として営業してます。向洋の駅売店(ハートイン)では、カップで売ってます。

投稿: 赤いとら | 2006年10月29日 (日) 13時11分

赤いとらさんコメントありがとうございます。私も在来線で広島以東へ行くことは少ないです。このブログの為に海田市、向洋、天神川へ行きました。今度矢野駅が改築されるのでそれまでに行きたいと考えてます。
 千代の春の情報ありがとうございました。希少の銘柄だったんですね。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2006年10月29日 (日) 14時32分

こんぱんは。
細い路地は庄原にも結構あります。
何かいいですよね。
最近新しい建物や道路ばかり見ているせいか、
ぷりちゃんの写真に癒される感じです。

投稿: みわりん | 2006年10月29日 (日) 20時12分

みわりんさんコメントありがとうございます。実は今日近所で知らない細い路地を見つけました。細い路地は近隣に住んでいる人のみ知る何かしら秘密の道的な感じがします。よそものから見るとなにかしらどきどきさせるものがあります。わたしのつたない写真でみわりんさんの心に響くものがあるのはとても光栄です。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2006年10月29日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地御前-1:

« 県庁の星 | トップページ | みんな昔は子供だった »