« 片上鉄道は北へ-1 | トップページ | 片上鉄道は北へ-3 »

片上鉄道は北へ-2

 片上鉄道の旅は一路和気(わけ)へ、和気清麻呂さんゆかりの町です。

 Dscn0637

 写真奥がかつての片上鉄道のホームがあったところです。下は20年ほど前の写真です。

 Dscn0700

駅前の商店街はレトロな雰囲気です。
 Dscn0636

 年代を感じさせるかつての病院です。窓の上のひし形の模様が印象的です。

 Dscn0635


|

« 片上鉄道は北へ-1 | トップページ | 片上鉄道は北へ-3 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
関係ないコメントですみません。
私は駅のホームは苦手です。
と、いうのが・・
駅のホーム=お別れ・・

(ToT)お別れはきらいなんです。

でも、いいですよね、私が例えば恋人に会いにいって(;一_一)庄原へ帰る時、彼に
「みわりん!愛してるよ!」
って、
「○○さん・・帰りたくないよぉ~」
と、汽車の窓から身を乗り出して、、

(;O;)わぁーんやっぱりこんなシーンしか浮かばないです。でもそれくらいぷりちゃんの写真から伝わってくるんですよね。
ふざけてたかもしれません。ごめんなさい。

投稿: みわりん | 2007年1月12日 (金) 22時31分

みわりんさん、お疲れ様です。駅、港、空港、別れのシーンで一番似合うのは駅かなと思いますよ。駅は出会いと別れが交錯するところかなと思いますよ。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年1月12日 (金) 22時42分

ぷりちゃん

よかったー
(;O;)怒られるかと思いましたよぉ~。

投稿: みわりん | 2007年1月12日 (金) 23時25分

みわりんさん、お疲れ様です。こらー、どうして、こんなことでは怒りませんよ。みわりん劇場おもしろかったですよ。またおねがいしますね。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年1月13日 (土) 07時45分

この病院いいですね~
大好きです!
病室にはベッドではなく、布団ひいてたりして・・

もう診察はされていないようですね。
残念です。

こういうレトロな商店街がさびれて無くなってきていますね。
そんな様子を見ていると寂しくなります。
子供のころの思い出が無くなってしまうような気がするのです。
がっ!今の子供たちは今の風景が思い出になるのですね。

投稿: ゆみ | 2007年1月13日 (土) 12時53分

ゆみさん、お疲れ様です。今私、麺類意外にもレトロな建物に凝ってます。確かに今新しく建っている建物もいずれはレトロなものになるんでしょうね。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年1月13日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片上鉄道は北へ-2:

« 片上鉄道は北へ-1 | トップページ | 片上鉄道は北へ-3 »