« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

カルビー広島工場

 カルビーさんのポテトチップスの袋の裏には、製造番号が印字されてます。青いアルファベットは製造工場を示してます。
 
 H 広島工場 M 広島西工場 

 Dscn0769


 このチップスは広島西工場製です。工場の記号はカルビーさんのHPにて紹介されてます。

 カルビーさんの広島工場です。申し込めば工場見学できます。私も見学したいです。先日久しぶりに、サッポロポテトバーベキュー味を食べました。子供のころ一番好きでした。昔と変わらない味に満足です。

 Dscn0763

 工場からしばし歩くと、そこには瀬戸内海が広がります。この日は多くの太公望のみなさんが釣り糸をたれておられました。防波堤からはつかいち大橋をのぞみます。

 Dscn0764

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

金運は?

 ビルの階段を屋上まで登るとあります。金持稲荷。みなさんの金運もあがるように祈っておきました。でもそれより節約のほうが先かな。

 ついでにおみくじを引きました。中吉でした、最近ずっと中吉です。

 Dscn0761


Dscn0760


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

宇品 風景4

 高層マンションの建設が進む宇品西地区です。

 Dscn0759


 TOTOさん、DAIKENさん YKKAPさん3社の業界、業種の垣根を超えてのコラボレーションした展示場です。

 Dscn0758


大きな錨が目印の船田船用品さんです。2Fはフォグホーン。霧笛ですね。港町宇品らしいお店です。

 Dscn0756


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海島博

 書棚を整理していたら、ファイルブックが出てきました。中身は旅先の切符やパンフレットの山でした。そうそう昔はこうやって記念に大事にとってました。

 その中の一つが「海と島の博覧会 広島」です。確か会社の付き合いで半ば強引に切符を買わされ、2回も行きました。2回目に行ったナイターがよかったです。もう18年も前のことなんですね。

 Dscn0754


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

伝えたいな、ここに鉄路があったことを次の世代に

 この道はかつての鉄路があった場所、幼い君達は知らないかもしれない。でもこの道の左奥には駅もあったんだよ。
 Dscn0638_1

 本和気駅です。ここを通ったら思いだしてほしいな、ここに駅があったことを

 Dscn0639_1

 この郵便局、おとうさんが生まれる前からこの町のことを見守ってきたんだよ。今は静かに生活しているけど、かつては多くのひとの、心の便りを届けていたんだよ。

 Dscn0640_1


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

橋は自分で架けます

 Dscn0389

太田川(本川)をまたいで平和公園にかかる橋、それが本川橋です。江戸時代は猫屋橋とよばれ、下を流れる川は猫屋橋川と呼ばれました。猫屋というのはこの土地で商人をしていた猫屋九郎左衛門さんに由来するものです。猫屋さんは架橋技術が発達していないこの時代に、自腹でこの橋を作りました。
 今は地名でしか彼の功績をしのぶことができません。

 Dscn0390


Dscn0388


 おまけです。本川橋のたもとにあった、歴史を感じさせる建物です。木製の扉が印象的です。

 Dscn0392_1


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

街角のエジソン

 何かしら、アイディアが浮かびそうなそんな気がします。天才とは1パーセントのインスピレーションと、99パーセントの汗。


Dscn0697_1


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

かれーうどんドーナッツ

 カレーうどんとドーナッツのコラボレーション。こんな出逢いは私は歓迎です。でも炭水化物全開でしょう。
070119123543


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

縁結び

航海の時に使うロープの結び方です。色々あります。縁結びはありませんでした。
070118122238_1


a href="http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=00if" target="_blank" utn>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

寄り添う二人

 川辺で愛を語り合うふたり、いや2羽というべきか。ほほえましいシーンです。

 Dscn0705


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

柿ノ木

 田舎に行くと庭に柿の木が植えてある。日本の風物詩です。ビルの谷間にも柿ノ木はたくましく育ってます。

 Dscn0707


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

小網町電停 今昔物語

 3ヶ月前の広島電鉄小網町電停です。ほんとに乗り場の場所がわかりずらいです。

 Dscn0355_1

 昨日訪れると、乗り場が以前よりわかりやすくなっていました。

 Dscn0710

 グリーンムーバーの共演です。
Dscn0712

 電停近くにあった昔なつかしい手押しポンプです。津田式と書いてました.
かつて、広島にあったメーカーさんとのことです。

Dscn0711


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

片上鉄道は北へ-3

 かつての鉄橋がそのまま残ってます。

 Dscn0643

 廃線跡はサイクリングロード 片鉄ロマン街道になってます。

Dscn0641

 あったかくなったらちゃりんこ転がしたいなと思います。遠方の方はJR和気駅前にレンタサイクルがありますので利用されるのもいいでしょう。
 鉄橋の袂にあったモニュメントです。
 Dscn0642_1


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

片上鉄道は北へ-2

 片上鉄道の旅は一路和気(わけ)へ、和気清麻呂さんゆかりの町です。

 Dscn0637

 写真奥がかつての片上鉄道のホームがあったところです。下は20年ほど前の写真です。

 Dscn0700

駅前の商店街はレトロな雰囲気です。
 Dscn0636

 年代を感じさせるかつての病院です。窓の上のひし形の模様が印象的です。

 Dscn0635


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

片上鉄道は北へ-1

 同和鉱業片上鉄道は片上(備前市)を基点に柵原(やなはら)まで結んでいました。

 Dscn0657

 現在、線路跡はサイクリングロード(かたてつ浪漫街道)となってます。

 かつての賑わいを感じさせるレトロな商店街

 Dscn0658


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

片上駅今昔物語

 約20年前の同和鉱業片上鉄道の起点の片上駅です。約20年ほど前に撮影したものです。写真がモノクロなのは海より深い訳がありますがここでは伏せときましょう。

 Dscn0699


 今の光景です。台座だけがそのまま残ってます。かつて駅のあったところは、ショッピングセンターに変わってます。

 Dscn0660


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

なつかしい映画館

 広島駅前の再開発予定地区にて、かつての映画館でしょうか、看板だけ残ってます。松方弘樹さん、菅原文太さんまではわかるのですが。『仁義無き戦い」の舞台じゃけ。

 Dscn0696

今日をもちまして、記事数200、投稿写真449になりました。300,400,500をめざしてがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

和気の酒蔵

 私は日本酒はたしなまないのですが、酒蔵は好きですね。歴史的な建造物に当たる可能性が非常に高いからです。今回紹介する「金剛酒造」さんは、私が何度か通ったことのある幹線道路沿いにありながら今回はじめてその存在を知ることとなりました。

 Dscn0652

Dscn0651

 ここのお酒を飲みたくなった方は 金剛酒造さんのHPです。http://ww31.tiki.ne.jp/~kongo


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

幸せを運ぶかえる

 和気神社の片隅に鎮座する三福カエルさんです。口には挟みきれないほどの硬貨が。
宝かえる、無事帰る、若返る。私は3番目が気になります。一番手に入れにくいような気がします。皆さんにもご利益があればいいでしょう。

 Dscn0648


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

冬のこいのぼり

 1月なのにこいのぼりがたなびいてます。端午の節句は5ヶ月も先なのに。でもよくみるとこいのぼりのメーカーさんでした。私たちには先のことでも、販売される側にしてみればむしろ今からが本番なんでしょう。
 写真奥には昨今の住宅事情に適した小さいタイプのものが見られます。

 Dscn0650


http://www.tokunagagoi.co.jp/

 徳永こいのぼりさんのHPです。甍の波と雲の波に映える立派な物からマンション仕様のものまで種類は豊富です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

和気神社

 岡山県和気(わけ)町にあります、和気神社です。和気清麻呂(わけのきよまろ)さんです。平安時代に当時の中央政界(京都)で活躍された方です。

 Dscn0644
http://ww36.tiki.ne.jp/~wakeasomi/ 和気神社さんのHP 歴史の勉強をされたい方はぜひどうぞ。

 日本一の絵馬だそうです。

 Dscn0645

 
和気清麻呂さんの姉の和気広虫さんです。平安時代に日本ではじめて孤児院を設立された方です。

 Dscn0647


Dscn0646

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

備中高松城址

 こののどかな田園風景の中で、群雄割拠の戦国時代に歴史に残る合戦が繰り広げられたとはとても想像できません。「水攻め」で有名なこの合戦ですが現地に立つとなお実感できます。

 Dscn0664


 本能寺の変の知らせを聞いた豊臣秀吉さんは毛利軍といち早く和議を結び、世に言う「中国大返し」で京へ舞い戻り山崎で明智光秀さんを討ちました。そして天下統一の足がかりとなりました。迅速な決断が印象的です。

 Dscn0665_1


 この和議の後、家臣の命と引き換えに切腹された清水宗治さんの辞世の句 「浮世をば今こそ渡れ武士(もののふ)の名を高松の苔を残して」 戦国時代の敗将の儚さと、武士の毅然とした姿が感じられる歌のように思えるのですが。

 Dscn0666


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

宮本武蔵駅

 宮本武蔵駅です。以前人名を駅名にという記事を載せたことがありましたが、今回はフルネームです。
今もなお、歴史上の人物のなかでも人気の高い宮本武蔵さんです。
 今回訪れたのは岡山県美作市にある智頭急行宮本武蔵駅です。武蔵さんの生誕地は諸説ありますが、ここもその一つです。

 Dscn0599


 

 今日はあいにくの雨でしたが、偶然下りの大原行きに遭遇しラッキーでした。

Dscn0600

Dscn0601


 駅周辺は集落の山手にあり静寂につつまれていました。
駅前にあったモニュメントです。

 Dscn0602

 駅から坂を下ると宮本武蔵さんの生家を中心とする武蔵の里があります。
Dscn0603

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

高度成長期をささえたもの

 今回買い物始めに訪れた兵庫県姫路市大津区にある「イオン姫路勝原店」。店の南側は更地が広がっていた。そうここはかつて大津団地があったところです。高度成長期、新日鉄広畑さんの最盛期には、この地に団地が立ち並んでいました。今では店の東側に一部が昔の面影を残しています。

 Dscn0586


Dscn0585

 町の風景は、いい意味でも悪い意味でも歴史の流れの影響にせざるをえません。私達はその過程を見守っていく必要はありそうです。

 一方店の西側では新しい町も誕生してます。昭和と平成が交錯する風景です。
 Dscn0583


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

白鷺城の凧

白鷺城の凧

 ショッピングセンター内で発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中吉です。

中吉です。 
去年もそうだったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初詣で

初詣で

今年はワクワクドキドキな年でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

猪突猛進

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
 さて、今年はいのしし年です。いのししは昔から日本の野山を駆け回っておりました、「猪突猛進」です。私も街中を駆け回りたいと思います。

 Dscn0582_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »