« ラッピングバス | トップページ | もうすぐ春 その壱 »

宇品港物語 ♬ 松山行きフェリー

 久しぶりの宇品港です。近くは通るのですが、リニューアルしてからははじめてです。

銀河のランチ、ディナー 一度体験してみたいです。

 Dscn0673


 松山行きの高速船です。

Dscn0674

 村下孝蔵さんの歌に「松山行きフェリー」というのがあります。港を特定する内容は歌詞にはありませんが私はかつての宇品港だと思ってます。港にも出会いと別れが交錯するようです。

 Dscn0782

|

« ラッピングバス | トップページ | もうすぐ春 その壱 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
港の別れも辛いですよね。
何か村下孝蔵さんの曲って素晴らしいのではと思えて来ました。

個人的には駅での別れが辛いです。

私も若い頃ある人と・・・(-_-;)

思い出してしまいました。
別れは嫌なものです。


投稿: みわりん | 2007年2月11日 (日) 19時33分

みわりんさんへ、当たり前のことですけど、出会いがあれば必ず別れがあります。別れは絶対に先にはきません。
 わかっているけど別れはつらいですね。一期一会なんていいますけど、私たちは色んな人に出会っているのですが、そのほとんどの人と別れというか縁を持たずに自分の前を去っていきます。
 出会ってもほとんどが去っていきます。これってブログにも当てはまりますよね。たいていの人は1回閲覧して次のサイトへ移動します。コメントやトラックバックを残しても継続することはまれです。相性とか好みの問題もあります。
 だから出会いは大事にしたいです。別れるときはつらいけど。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年2月11日 (日) 19時50分

うてきぷりぱさん こんばんは。
村下孝蔵さんの歌の「松山行きフェリー」を聞いて(逆航路ですが)松山から広島へ乗船したことを思い出しました。良い唄ですね。瀬戸内海を海から眺めるのも良いですが、飛行機から見下ろすのもおすすめです。

投稿: 深夜特急 | 2007年2月12日 (月) 01時06分

「松山行きフェリー」、名曲ですね。
オレっち、広島と松山で遠恋してたことがあって、フェリーの中でもよく聴いたものです。宇品は思い出の地。

投稿: ダジャる | 2007年2月12日 (月) 08時00分

 深夜特急さんへ、遠くて近い松山なのに、去年10数年ぶりに行ってきました。空の上からの瀬戸内海もいいかもしれませんね。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年2月12日 (月) 08時13分

 ダジャるさんへ、遠恋ですか、宇品は思い出の地ですね。もちろん前の宇品港でのことですよね。周辺や広電の駅も含めて昔の面影はほとんどなくなってしまった感がありますね。

投稿: うてきぷりぱ(ぷりちゃん) | 2007年2月12日 (月) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇品港物語 ♬ 松山行きフェリー:

« ラッピングバス | トップページ | もうすぐ春 その壱 »