« 里山の春 | トップページ | 山の中の学校 »

津軽海峡冬景色

 石川さゆりさんの代表曲「津軽海峡冬景色」。この歌には今は無き青函連絡船が歌われています。私は過去に2往復、計4回乗船しました。奇しくも4回とも冬、すべて夜です。それも後の2回なんですが、夜中に青森駅に到着、「北へ向かう人の群れは誰も無口で、、」そうなんです青森駅のホームから連絡船乗り場って結構歩くのです。いまでも足音だけが脳裏をよぎります。乗船後、お腹がすいたので弁当を買いました。普通の幕の内弁当でしたが、まだあたたかく、鮭がべらぼうにうまかったです。皮の下の身がおいしいと思ったのはこのときがはじめてです。満腹になってほどなく寝ました。竜飛岬も、かもめも深夜なのでみることはできませんでした。そして深夜に函館到着、1時間も滞在することなく同じ船で青森をめざしました。いまでは考えられないことですが、連絡船をホテル代わりに使いました。青森到着後は始発の特急で弘前へ向かいました。

 この歌を聴くたびに青函連絡船に思いをはせる私です。

この2年後に青函連絡船はその歴史に幕を閉じました。

 Dscn0860


 

|

« 里山の春 | トップページ | 山の中の学校 »

音楽」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

ぷりちゃん
何か目に浮かぶようです。
ぷりちゃんの思い出一杯の青函連絡船、

津軽海峡冬景色ですね。


私この歌なら歌えます!

(^O^)/よぉーし年忘れカラオケ大会まで
練習するぞーー!

何かぷりちゃんの気持ちが伝わって来ました。
おやすみぷりちゃん!

投稿: みわりん | 2007年3月 8日 (木) 00時14分

 みわちゃんへ、午前の便だったらまさに歌の世界だったのですが、夜中なのでかもめ見つめて泣けませんでした。はい。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年3月 8日 (木) 12時19分

ぷりちゃん
お疲れ様です。記事は無理しないで。
私明日でも大丈夫だから。
私も今パソコンの前に座ってる状態なんですよ。

投稿: みわりん | 2007年3月 8日 (木) 21時36分

 みわちゃん、更新に時間かかってます、しばしお待ちを!!

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年3月 8日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽海峡冬景色:

« 里山の春 | トップページ | 山の中の学校 »