« 石内川リバーウォーク 2 コスモスの小径 | トップページ | 岩国城下町てくてく-1 »

牛野谷堰

     堰(せき)
河川の流れの水量や水位を調節、制御するため河道を横断して設けられる高さ15m未満の構造物。用途別として分流堰、取水堰、防潮堰、河口堰、構造上の分類として可動堰、固定堰がある。

岩国市の錦川が門前川と今津川に分岐するところにあるのが「牛野谷堰(うしのやせき)です。

岩国城下町を散策後、帰り道に立ち寄りました。西側(牛野谷町)側にも駐車場があったのですが、そのことを知らずに愛川橋を回って対岸の楠町側の駐車場に車を止めました。

Dscn1846

人が渡れる河口堰は初体験です。

Dscn1851

 「おとうさん!おさかないるかな?」。はい、たくさん居ましたよ、私、名前は分からないけど。ここが流入口になってました、滝のように水が流れてました。

Dscn1849

湿地帯には水鳥が羽を休めてました。浅瀬では水遊びも出来ます。ここから門前川となり瀬戸内海にそそぎます。前方に見える橋は、建設中の岩国南バイパスの橋梁です。

Dscn1847

北側は今津川となり同じく瀬戸内海に注ぎます。かつては城下へ物資を運ぶ船で賑わったそうです。

Dscn1854

増水しますと、もちろん通行止めになります。

Dscn1853

先ほどの親子が帰宅の途についてます。

|

« 石内川リバーウォーク 2 コスモスの小径 | トップページ | 岩国城下町てくてく-1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

いいところだね~♪
二枚目の写真なんて見ているだけで涼しくなってくる。
こんなところが近くにあるなんて、ぷりちゃんシアワセものだよ!

そして1枚目の写真
太陽からの光が川のところで虹色になってる!
素敵だわ~♪

投稿: ゆみごん | 2007年9月24日 (月) 13時49分

ゆみさんへ、この日はちょうど逆光だったので偶然に自然のいたずらで虹が出来てしまいました。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年9月24日 (月) 20時57分

うてきなぷりぱ さん
はじめまして
ご来館ありがとうございます。
ここは岩国で通称”いせき”と言われてます。
漢字でどう表すのでしょうか?
楠の群生があり、堰き止められた川が絶好の泳ぎ場となっていますね・・
またおこしください・・

投稿: yoshiki@岩国ユースホステル | 2007年9月24日 (月) 23時48分

yoshiki@岩国ユースホステルさん、はじめまして。コメント遅くなって申し訳ないです。「いせき」というのですか、岩国の堰だからいせきというわけではないですよね。

 はい、先日は時間の関係で回りきれない所もありましたので、また行きたいと思ってます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年9月25日 (火) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛野谷堰:

« 石内川リバーウォーク 2 コスモスの小径 | トップページ | 岩国城下町てくてく-1 »