« 自販機から森を | トップページ | 芸術の秋 笛を吹く少年 »

想い出の鉄路

Dsc00538_2

子供たちが無邪気に遊んでいるこの広場は、広島市立宇品東小学校内にある旧国鉄宇品線の宇品駅のモニュメントです。広島南道路の建設にともない駅が解体されその一部が同校に寄贈されました。

現在はひっそりとモニュメントが残るだけです。フェンスに囲まれて、変わりゆく宇品地区の最開発の波に呑まれて、この碑の存続も危ぶまれます。

Dsc00408_2

宇品線の歴史です。当時は日本一の長さのホームでした。16両編成の新幹線も余裕でおさまる長さです。

Dsc00401_2

宇品線の沿線はここ宇品地区をはじめイコール再開発のさかんな地域です。宇品線の痕跡が年々少なくなってます。終点宇品駅にはたくさんの人や物資が運ばれていました。戦受け、ここに本校創立50周年記念事業の一環として移され復元されました。

|

« 自販機から森を | トップページ | 芸術の秋 笛を吹く少年 »

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ぷりちゃん・・・

この長ぁ~~~~~~~~~~~い空白はなんなの?(笑)

ちょっと空白をあけてみたい・・そんな感じ?(笑)

投稿: ゆみごん | 2007年9月29日 (土) 16時31分

ゆみさんへ、実はこれ朝、ブログの編集画面の調子が良くなくて文字入力がうまくいかなかたんです。今直しました。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年9月29日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想い出の鉄路:

« 自販機から森を | トップページ | 芸術の秋 笛を吹く少年 »