« 芸術の秋 笛を吹く少年 | トップページ | 村の鎮守の神様の »

変わりゆく町並み

比治山の東側は、戦災の被害が少なかったことから数年前まで昭和の古い町並みが残ってましたが、現在急ピッチで再開発が進み、広大な更地が広がってます。

Dscn1471

木製のドアがどこかなつかしい感じです。

Dscn1473

洋館風のつくりです。

Dscn1472

ロゴがレトロぽいです。10/1から郵便局も民営化されました。今後の動向が気がかりです。

 段原地区のこのエリアだけが昔の町並みを残してます。奇しくも、時を同じくして中年の男性が(私もそうなんですが)、カメラに町並みを収めてました。

Dscn1474

|

« 芸術の秋 笛を吹く少年 | トップページ | 村の鎮守の神様の »

風景」カテゴリの記事

コメント

この病院のドア、昭和な感じでいいですよね!
窓には窓に直接取り付けてあるエアコンが!

洋館風の建物も窓も木枠で素敵!
開けたり閉めたりするとき音が鳴るのかな??

私も高校まで住んでいた家は、玄関の戸が木枠で引き戸でしたよ!
その後、引越しましたがすぐに取り壊されたようです。

ふと思い出して、よく子供のころ住んでいた町を自転車でうろうろします。
堺から自転車で3~40分かかりますけど(笑)

投稿: ゆみごん | 2007年10月 3日 (水) 17時38分

ご無沙汰しています。
なつかし~い♪って思わず見入ってしまいました。
数年前に、数年ですがその地区に住んでました、
比治山でお花見したり、美術館に行ったり楽しかったなぁと
思い出しております。

投稿: 紫音 | 2007年10月 3日 (水) 18時52分

ゆみさんへ、そういえば私の生まれ育ったところもかなり風景が変わってました。広島は戦災で古い建物があまり残ってないだけに、再開発等でなくなっていくのはとてもさびしいです。ですんで今のうちにできるだけ記録を残したいと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年10月 3日 (水) 19時45分

紫音さん、どうもご無沙汰しております。比治山周辺の変わりようはすごいです。このあたりもすぐ近くは更地になっていて、新しい街が生まれつつあります。地名の変更とかもあるかもしれません。
 私も出来る限り今の姿を記録できればと思います。またいらしください。ありがとうございました。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年10月 3日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わりゆく町並み:

« 芸術の秋 笛を吹く少年 | トップページ | 村の鎮守の神様の »