« 都会のオアシス | トップページ | 日本でここだけ »

赤線地帯は今

1958年(昭和33年)の売春防止法が施行されるまで、全国に存在した赤線地帯(警察が遊郭等の風俗営業が認められた地域を地図上を赤線で囲んだことから)

 広島市内には「東遊郭」と「西遊郭」がありました。市内を東西に横断する「平和大通り」から1本路地を入ると、再開発が進行中の景色とは対照的に歴史を感じさせる建物がわずかに残っています。かつての遊郭の面影をかすかに残ってます。

 Dscn1896

Dscn1897

Dscn1898

出窓、凝ったデザインの飾り窓が特徴です。

Dscn1893

Dscn1894

倉庫か何かに使われているようですが、元は何の建物だったかは不明です。

 遊郭跡は現在ホテル街になっていてこれが平成の姿です。

Dscn1901

|

« 都会のオアシス | トップページ | 日本でここだけ »

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

初めまして(^^)

話には聞いていましたが、「へ~!」と驚きです。
写真の建物、そういわれれば・・・歴史を感じます。
とても参考になる情報がたくさんで楽しいですね。
また、お邪魔します!!

投稿: ナンバー1 | 2007年10月10日 (水) 22時23分

ナンバー1さん、はじめまして。次は東遊郭に行ってきます。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年10月11日 (木) 20時51分

大阪には飛田というところがあって、遊郭をそのまま使った料理屋さんがあります。
まるで千と昌夫の金隠しのような感じで、地方の方に人気みたいです。
私はまだ行ったことありませんが・・いつか行ってみたいです♪

投稿: ゆみごん | 2007年10月14日 (日) 22時08分

飛田新地は私も行きたいですよ!ゆみごんさん!

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年10月16日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤線地帯は今:

« 都会のオアシス | トップページ | 日本でここだけ »