« こだま考 | トップページ | 中の島ブルース-1 »

大阪街角浪漫倶楽部

大阪の金融街にあった明治、大正期の西洋建築は今に浪漫を私たちに伝えてくれる。そんな街角探検。それが大阪街角浪漫倶楽部です。

 Dscn2134_3

近代の高層ビルが立ち並ぶ中、ここだけは時間が一時停止しているような、西洋建築のことはよくわかりませんが、窓周りの模様は古いけどどこか新しい感じと、強烈な存在感を感じずにはいられません。

 旧大阪農工銀行(現 八木通商さんの本社ビル)

 Dscn2135_2

次は赤レンガが印象的な明治45年建築の旧大中証券(現 シェワダ高麗橋本店さん)です。

 Dscn2136_2

和田信平シェフのフレンチレストランとなってます。ディナーは¥18480から¥34650まで。

願わくは縦横に張り巡らされた電線。地下に埋めていただくとすばらしい景観の街角になると思うのですが、、、

 Dscn2140

 風格のある正面口です。

 Dscn2141_2

|

« こだま考 | トップページ | 中の島ブルース-1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪街角浪漫倶楽部:

« こだま考 | トップページ | 中の島ブルース-1 »