« 適塾 | トップページ | 大阪街角浪漫倶楽部 »

こだま考

山陽新幹線が博多開業してから32年、その間、新幹線をとりまく状況も変化してきました。現在の山陽新幹線のダイヤはのぞみを中心としたダイヤとなってます。岡山以西ではのぞみでしか乗り換えなしに新大阪以東には行けない状況です。ひかり号も岡山までで以西はひかりレールスターのみとなります。のぞみ号の停車しない駅は列車本数も少なくなります。

 通常新大阪から広島へ向かう場合はほとんどの方がのぞみかひかりレールスターを利用すると思います。1時間に3-4本ありますので。

 こだま号は同じ料金でのぞみ号が1時間15分のところを2時間30-50分かかります。およそ倍です。こだま号は1時間に1本が基本となってます。今日はこだまの将来を見据える意味であえて新大阪発広島行きこだまに乗車してみました。

 Dscn2208

乗車率は20%くらいで新大阪駅の人影まばらな一番端の20番線を定刻に出発。

のぞみ号をより時間がかかったような気がしました(実際は変わらない)が新神戸駅に到着。ホームが狭い為列車到着時のみ開くホームドアも全列車が停車する今となっては無用の長物となりつつあります。

 神戸トンネルを抜けると西明石駅。いつもは通過するばかりなのでこうやって停車する光景をみるのは何年ぶりだろうか。人口29万の中規模の都市ですが、こだまと岡山まで各駅停車のひかりが停車、1時間に1-2本のダイヤとなってます。

 こだま号に乗って気付いたのですが、のぞみ号と比べて低速なぶん普段はあっと通り過ぎてしまう車窓もゆっくり見ることができました。車窓を楽しむぎりぎりのスピードかなと実感しました。将来リニアとか実用化されると車窓どころじゃなくなると思います。

 姫路駅ではじめてのぞみ号の通過待ちで8分停車。

Dscn2209

上りホームでしたら姫路城がのぞめます。

Dscn2210

 ほどなく走って相生駅。そして岡山駅。ここでほとんどの乗客が入れ替わりました。こだま号は1時間くらいの距離がちょうどいいのかもしれません。

 新倉敷駅で2回目の通過待ち。そして福山駅。 新尾道駅で3回目の通過待ち

Dscn2211

三原駅 東広島駅 。のぞみの停車しない駅はホームに売店もありませんでした。かつてのキオスクの跡は自販機コーナーに変わってました。乗客の入れ替えはほとんどなく閑散としたまま終着の広島駅へ到着

Dscn2214

駅名版の後ろに見えるのぞみ号は新大阪を1時間14分後に出た列車です。

のぞみ号停車駅とそうでない駅との格差は広がりつつあるように思いました。ひかり号の存在も中途半端になってきました。急ぐ旅でなければこだまもたまにはいいかもしれません。

|

« 適塾 | トップページ | 大阪街角浪漫倶楽部 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

「のぞみ号」も「こだま号」も料金が一緒というのがちょっと理解できません。何故なのでしょうね。

投稿: dream | 2007年11月20日 (火) 06時02分

dreamさんへ、返信遅くなりました。確かに自由席では差額がありません。現在JR西日本ではより収益性の高いのぞみ号中心のダイヤ編成になってます。のぞみ号とこだま号の格差は広がってますね。しかしJRもこだまの設備面でのてこ入れは考えているようです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月20日 (火) 22時33分

はじめまして。
以前からこっそり(笑)覗かせていただいておりましたが、今日は思い切ってコメントさせていただくことにしました(ちょっと緊張…)
というのも、「のぞみ」のエース・500系が短くなって「こだま」に入るというニュースを見て、「こだま」の将来、私も気になっていたものですから。
「のぞみ」からの引退を惜しむ声も多いように思いますが、あの俊足が生かせるとしたら、第二の人生として「こだま」というステージ、悪くない気がします。
地域をきめ細かくつなぐという観点からは、新幹線も駅がこまめに設定されていますが、在来線も、普段の足としてもう少し工夫できたらなぁという気がします。

投稿: ばんじゃん | 2007年11月23日 (金) 19時00分

ばんじゃんさん、はじめまして。勇気をふりしぼってのコメントありがとうございました。久しぶりにこだま号に乗車して感じたのですが、のぞみ号との設備面での開きは大きすぎますね。その意味で500系の投入は正直驚きましたが、こだま号の役割を考えるとJR西日本の選択は評価したいと思います。またこだま号に乗車したくなりました。
JRでも都市圏では在来線でも、高速ネットワークが確立され新型車両が投入されてますが、地方では古い車両、駅の退避設備の問題等でなかなか難しいようです。
また遊びに来て下さい。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月23日 (金) 20時23分

あたたかいお返事ありがとうございます。お言葉に甘えてまた来させていただきました!
私は時間の使い方が下手で、せっかく乗る機会があっても、いつも慌てて家を飛び出し在来線を乗り継いで「のぞみ」に飛び乗る…という感じです。
西日本の「こだま」は4列シートでゆったりというイメージがありましたが、やはり長年の疲れは隠せないようですね。
500系は8両になるようですが、リニューアルがどのようになるのかも気になっています。両数のかわりに本数が減ってしまうのでしょうかね…
在来線については素人考えで「駅が広い(線路も多い)のにもったいないなぁ」などと思っていました。でも、それら国鉄時代の名残も、整備して使おうとなるときっととても大変なんでしょうね。そこら辺からすると、着実に広がるICカードへの期待は大きいのだろうななんて思っています。
すみません。ちょっと本題から離れてしまいましたね…長々と失礼いたしました。

投稿: ばんじゃん | 2007年11月25日 (日) 00時36分

ばんじゃんさんへ、そうですね、当初JR西日本はこだまのてこ入れに新型車両を投入する予定でしたが、結局、不評だった500系を改造して妥協したようなので、減便ということは無いと思います。内装もリニューアルすると思います。

 在来線は本線ではやたら長いホームに遊休スペースが、ローカル線は旧設備に短いホーム等整備する余地は多分にあります。

 イコカ等ICカードは使ったことがないのでよくわかりませんが、使用範囲が増えれば利便性が向上すると思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月25日 (日) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだま考:

« 適塾 | トップページ | 大阪街角浪漫倶楽部 »