« 集会所と消えゆく地名 | トップページ | 自由都市 堺 元祖堺駅 »

自由都市 堺 序章

Dscn2037

堺旧港の南波止場にある高さ11.3メートルの六角錘形の木製洋式灯台です。
明治10年(1877年)に完成し、港の埋め立てが進んだことにより昭和43年(1968年)まで約90年にわたって堺港に出入りする船の航海の安全を見守ってきました。
現存する日本最古の木製洋式灯台の一つとして国の史跡に指定されています。

以上堺市公式HPを参考にいたしました。

Dscn2034

旧堺灯台は、旧堺港の遊歩道の終点にあります。隣接する道路は人は通行できないので注意してください。

 Dscn2035

 

今では堺市のシンボルとしてマンホールのデザインにもなってます。

 Dscn2040

灯台のかたわらに 伊藤静雄さん(1906年長崎県諫早(いさはや)市生まれ)の句碑がありました。伊藤さんは大阪市住吉区の小学校で教師をされてました。その縁でしょうか、灯台の詩を詠まれてます。自分が人生の暗闇に光をともしてくれる人が近くに居ればと思います。

 Dscn2033

|

« 集会所と消えゆく地名 | トップページ | 自由都市 堺 元祖堺駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

この灯台は行ったことないよ!
いつも龍女神さまだけ目的で行ってました♪
今度、お天気のいい日に行ってきますね!
ぷりちゃんにいいところ教えてもらったな(笑)

これから堺特集、楽しみにしています♪

投稿: ゆみごん | 2007年11月 4日 (日) 22時14分

ゆみごんさんへ、この日もアベックがお弁当食べてました。ウォーターフロントからの龍女神像もよかったですよ。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月 5日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由都市 堺 序章:

« 集会所と消えゆく地名 | トップページ | 自由都市 堺 元祖堺駅 »