« 中之島ブルース 弐 | トップページ | 神の島 厳島 壱 »

中之島ブルース 参

Dscn2170

中之島のもう一つのシンボルが日本銀行大阪支店です。御堂筋をはさんで大阪市役所と向かい合ってます。

 1903年に建設され、昨日の大阪市中央公会堂と同じく、辰野金吾(たつのきんご)さんらの設計です。

 Dscn2172

かつてこの地には、長崎県の島原藩の蔵屋敷があったところです。

建物はネオルネッサンスといわれるヨーロッパの建築様式で、ベルギーの国立銀行をモデルにしたといわれてます。

 Dscn2173

丸と四角の柱の対比が特徴的な玄関です。屋根部分がうす緑色になっているのは、建築材の青銅板が酸化して、緑青さびが出ているためです。これは銅材質の腐蝕の進行を抑える働きがあります。古い水道の蛇口や井戸ポンプ、街角のブロンズ像などに見ることができます。

 柱の上の部分に見える丸い模様はお札にも印刷されている日本銀行のマークです。紙幣裏側の左右上に印刷されてます。 

 Dscn2177   

写真左側の建物が昭和55年に完成した、現在の本館です。

 Dscn2175

1871年にスタートした郵便制度は、東京、京都、大阪の3箇所に設置された郵便役所からスタートしました。当時大阪から東京へは3日かかったそうです。

 ここに郵便役所があったのはわずかな期間でしたが郵便局の発祥の地といえそうです。歴史は流れ148年後の今日本郵便が誕生しました。

 Dscn2176

駅逓(えきてい)というのは郵便の旧称です。

|

« 中之島ブルース 弐 | トップページ | 神の島 厳島 壱 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中之島ブルース 参:

« 中之島ブルース 弐 | トップページ | 神の島 厳島 壱 »