« 中の島ブルース-1 | トップページ | 中之島ブルース 参 »

中之島ブルース 弐

中之島のシンボルといえば赤レンガの建物 「大阪市中央公会堂」 です。地下鉄御堂筋線 京阪電鉄 淀屋橋駅より5分ほどの距離にあります。

 Dscn2155

案内板を読んでみると

 Dscn2151

 明治44年に岩本栄之助氏から100万円の寄付をもとに建設されたとあります。資料を調べてみると、今の貨幣価値で30億円くらいじゃないかとされています。

 岩本さんってどういう人物であったのでしょうか。明治10年に両替商の家に生まれ、その後株式仲買人として活躍し、北浜の風雲児と呼ばれるまでになりました。

 明治42年に渋沢栄一さんら財界人と渡米し、米国ニ於テ富豪ガ公共事業ニ財産ヲ投ジテ公衆ノ便宜ヲ謀リ又は慈善事業ニ能ク遺産ヲ分譲セル実況ヲ目撃シテ大ニ感激シ這般寄附ノ決心ヲシテ。

 アメリカの富豪といわれる人々が公共施設や慈善事業に私財をつぎ込む姿に感動をおぼえ、自身もそれを実践したいとあります。日本でよく知られている石油王 カーネギーさんらのことを指しているのでしょう。

 日本初の懸賞設計競技で選ばれた岡田信一郎さんの設計原案を元に辰野金吾さん、片岡安さんらによって設計されました。

 辰野さんはこのブログで紹介した 「南海電鉄 浜寺公園駅」 辰野さんと片岡さんで「日本教育生命保険 現 シェワダ」を設計されてます。

 大正7年に完成しました。その後改築されましたが、建設当時の姿を残してます。国の重要文化財の指定を受けています。

 建設当時のレンガと石です。

 Dscn2153 Dscn2154

 

Dscn2152_2

                     Dscn2156_2

館内は大小の会議室やホールがあり結婚式も開催可能です。

Dscn2157_2

                     

Dscn2159_2

                       

  Dscn2158_2

|

« 中の島ブルース-1 | トップページ | 中之島ブルース 参 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

この公会堂、いつも高速から見るんだけど・・

いいよね~~♪

いつでもいけると思うとなかなか行けないの。
春になったら、行ってみようかな。

投稿: ゆみごん | 2007年11月23日 (金) 20時56分

ゆみごんさんへ、今日は見えたのでしょうか。私もここははじめてです。この界隈は歴史的な建造物もたくさんあって、見所も多いです。外観がきれいすぎるのはマイナス点ですが、今も現役で利用されているので致し方ないかなとお思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月23日 (金) 21時15分

明治44年に100万円の寄付とは凄いですね。大正7年完成、うてきなぶりぱさんは説明の仕方がとても上手でわかり易いです。行ってみたことはありませんがそこに立って説明を聞いている気分になります。ありがとうございます。

投稿: dream | 2007年11月24日 (土) 06時23分

dreamさんへ、ご迷惑をおかけしました。今週からコメントを承認制に変更してますのでブログに反映されるまで時間がかかります。よろしくお願いいたします。

 確かに富豪だったとはいえこれだけの寄付ができるというのはすごいことだと思います。昨今はお金もうけが過ぎた結果の各種の偽装が暗躍してますし。

 でも30億だしても同じ物ができないくらい歴史的価値のあるものだと思います。

 観光ガイドの勉強中なので、中学生くらいの方でも理解できるようになるべく平易な表現を心がけてます。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年11月24日 (土) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中之島ブルース 弐:

« 中の島ブルース-1 | トップページ | 中之島ブルース 参 »