« 自由都市 堺 ザビエル | トップページ | 流れ流れて流れ橋 »

街角のエジソン弐

Dscn0697_1

エジソンの発明の一つに白熱電球があります。電球のパーツのひとつに光を放つフィラメントというのがあります。現在はタングステン等が使用されてますが、エジソンの時代にはこれといった素材がなく苦労しました。

 あるときエジソンはある素材に出会いました。それは竹でした。そのなかでも京都府八幡市の竹がエジソンのお眼鏡にかないました。

 白熱電球はエジソンさんの発明ではないのですが、安価で長時間のものを作り出しました。

 京阪電鉄八幡市駅前にはエジソンお墨付きの竹を記念したモニュメントがあります。日本の竹が、世界の暗闇を明るくともしました。

 Dscn2183  

|

« 自由都市 堺 ザビエル | トップページ | 流れ流れて流れ橋 »

スポーツ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ほぉーーーーー・・
こんな竹のモニュメントがあるのね。
八幡市、行ったことないけどこんなのみたら行きたくなるね。
なぜか・・ちくわを思い出す私でした。

投稿: ゆみごん | 2007年12月15日 (土) 07時10分

八幡市は2回目です。前は石清水八幡宮へ行きました。さて今回は続きは明日以降。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年12月15日 (土) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街角のエジソン弐:

« 自由都市 堺 ザビエル | トップページ | 流れ流れて流れ橋 »