« 時代に翻弄された駅 | トップページ | 2008年へ »

時代の流れのなかで

Dscn2004

09年開業予定の阪神電鉄なんば線の工事区間です。桜川駅が開業すると汐見橋駅の歴史も変わるかもしれません。

Dscn2008

車止めの向こうには鯉が泳ぐ池があり、とても都心の駅とは思えない佇まいです。

Dscn2010

温かみのあるの木製の椅子です。ゆっくりと腰をおろすとプラスチックの椅子に無い安らぎを感じます。いつの時代のものでしょう。局番が2桁ですしレトロな感じがします。

Dscn2011

終日30分間隔で運行されています。典型的なローカル線です。南海高野線の起点とは思えません。

Dscn2012

土曜日のお昼前に乗車しましたが、乗客は2人だけでした。

Dscn2013

コンコンコン、なつかしいモーター音を響かせてます。大阪の通勤車両の多くはvvvfタイプですのでヒューン、ヒューンと音を立てながら一気に加速しています。

|

« 時代に翻弄された駅 | トップページ | 2008年へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

さすが電車オタクだわ~
モーター音なんて、意識したこともなかったよ。
こんな記事書かれちゃったらアータ!
乗りたくなっちゃうやん!

今年は、ぷりちゃんのおかげで、少し電車を意識するようになったよ♪
木の枕木なんかも見つけたら嬉しくなったりして(笑)

投稿: ゆみごん | 2007年12月31日 (月) 11時01分

ゆみごんさんへ、私は外に飛び出してますのでオタクではなく鉄吉と呼んでください。(笑)

 来年も堺へ行くでしょう。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年12月31日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れのなかで:

« 時代に翻弄された駅 | トップページ | 2008年へ »