« 神の島 厳島 壱拾参 | トップページ | 時代の流れのなかで »

時代に翻弄された駅

Dscn2003

1900年に道頓堀駅として開業。その後幾多の変遷をへて1956年に現駅舎が完成しました。

Dscn2009

Dscn2005

 構内にはいつのものともわからない案内板があります。非常に見にくいですが、淡路島に鉄道があるころが確認できました。

 淡路交通は1966年に廃止になってますのでそれ以前のものと思われます。

Dscn2007

幹線によくみられる古レールを柱かわりに使ってます。

|

« 神の島 厳島 壱拾参 | トップページ | 時代の流れのなかで »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

しおみばしだ~!

大阪生まれ大阪育ちだけど、この駅には行ったことないのよね。
寂れてるかんじが伝わってくるね~

でもね、、こんなさびれた駅付近の昭和のたたずまいを見るのも好きだったりするのよ
ワシ♪

投稿: ゆみごん | 2007年12月29日 (土) 10時27分

ゆみごんさんへ、ここは前から行きたい駅だったでしょう。ここから南海に乗って堺まで行ったでしょう。来年は堺東まで行くでしょう。

投稿: うてきなぷりぱ | 2007年12月30日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代に翻弄された駅:

« 神の島 厳島 壱拾参 | トップページ | 時代の流れのなかで »