« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

古墳のある駅

井原鉄道の湯野駅です。古代人と古墳(迫山第1号古墳等)が描かれています。

 Dscn2429

広島県福山市

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桃の季節じゃないけれど

山陽自動車道の道口PAです。

Dscn2626 広島ブログ

玉島ICと鴨方ICの間にあります。このあたりの北側の車窓には斜面を利用した桃園が望めます。岡山県はマスカット等桃も栽培が盛んです。

 Dscn2625

桃の栽培は蛾との戦いでもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

自由都市堺 チベットの地に立つ

河口 慧海(かわぐち えかい)さんは仏教学者にして探検家。南海電鉄七道駅前に肖像があります。

大阪府堺市生まれ、幼名を定次郎といいます。1890年明治23年)に黄檗宗の寺で出家しました。

中国や日本に伝承された漢訳仏典に疑問をおぼえたことが発端となって、インドの仏典の原初形態をとどめているというチベット語訳の大蔵経を入手しようとして、日本人で初めて西蔵(チベット)への入境を果たした。

現在では飛行機で訪れることは可能ですが、当時はその存在すらも知られていない辺境の地に挑んだ人が堺にいました。

Dscn2114

現在、チベットという独立国家は存在せず、中国との複雑な関係を続けています。

Dscn2115

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自由都市堺 七道駅

昨年好評でした自由都市堺シリーズの続きです。南海本線七道駅(しちどう)は、同線の堺市の北端の駅です、

 Dscn2120

駅の北側にはダイセル堺工場のレンガ造りの建物が車窓から確認できます。今回は時間の関係で、回りきれませんでしたが、堺市の「てくてくロード」はこの駅が起点です。

 次回は「七道ちゃん」に周辺を案内していただきます。でも今日は不機嫌のようです。

 Dscn2113

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

廃材利用

Dscn2663

廿日市市役所の入口付近にあった椅子とテーブルです。木工産業のさかんな同市ですが、これらはすべて廃材や、台風で倒れた木を利用しています。

森林資源を大事にする意味でも有効なことかと思います。さて余談ですが割り箸が資源の無駄遣いという説を耳にしますが、100パーセント否定できない部分もありますが、割り箸は間伐材を利用するという、先人の知恵の結晶でもあります。

 Dscn2662

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

国鉄の忘れ形見

JRが誕生して今年で21年目になります。もう若い方は国鉄なんて知らないかもしれません。でも日本各地では国鉄時代に車両が現役で活躍しています。新性能車両の投入が遅れている広島地区では国鉄時代の車両が今でも主役です。広島ブログ

 その一つがキハ40型です。国鉄時代後期にローカル線の救世主として全国に配備された車両です。広島地区では岩徳線、芸備線で活躍中です。冷房を追加するなど改良が図られ、黄色の塗装が広島地区オリジナルとなってます。このキハ40型は地方ごとに独自の進化を遂げ、バリーエーションも多彩で、鉄道ファンの人気車両です。

 Dsc00640

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

廿日市住吉神社

Dscn2661

廿日市市の住吉地区にのが住吉神社です。県道の拡幅によって現在地に移転したとあります。現在車止めのある不自然な道路がかつての旧道と思われます。

Dscn2660

Dscn2659

旧暦の6月28,29日前後の土日にお祭りがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

登竜門

Dscn2672

龍門という急流を鯉を登ると龍になるという伝説に由来する登竜門は、現代では人生における関門を意味するようになりました。ここ尾長天満宮には学問の登竜門があります。

Dscn2673

ここ竜神社である作法を行った後絵馬を奉納します。

Dscn2676

がんばれ!受験生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天神さんの椅子

Dscn2677

尾長天満宮の境内にあるこの鳥居をくぐって山道を少し歩くと

Dscn2678

学問の神様 天神さんこと菅原道真公が大宰府へ向かう途中にこの地に立ち寄られ、休憩された石だと伝えられてます。後世、尾長天満宮として広島市内有数の学問の神様になりました。

 当時このあたりは海だったそうです。確かに、蟹屋、松原、白島といった海に関する地名が現在も近隣に残ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

弓の木

後鳥羽上皇さんは鎌倉幕府を討伐せんと、勅令を出すも時代はすでに武家政権まっしぐら、勢いを止めることは出来ず敗れ(承久の乱)、隠岐(島根県)に流されることとなりました。上皇さんがたどったところは各地で史跡となって現在に至ってます。

その一つが旧因幡街道三日月宿(兵庫県佐用郡佐用町)近くにあります。

旧街道の入り口近くの橋に案内版がありました。この橋を渡り、JRの踏み切りを超えてしばらく農道を歩きます。案内板がないので注意してください。奥のT字路を左(東、たつの方面へ歩くと右手に見えてきます。

 Dscn2515 広島ブログ

Dscn2511

 弓の木へ行くにはこの門をくぐらないといけません。カギはかかってないし奥にお墓もあったし、立入禁止の表示もないので侵入しました。注:鍵もどきはかけてください。写真中央のロープにつながっているフォークみたいな金具です。

Dscn2512

後鳥羽上皇さんが、この木に弓をかけて休息されたので「弓の木」とよばれてます。承久の乱が1221年なので後鳥羽上皇が見たのはこの木ではないと思われます。樹齢約600年とあるので。

Dscn2513

中心部は朽ちかけています。

Dscn2514

しかし致命傷には至っていないようです。これが木が長生きする由縁なんでしょうか

後鳥羽上皇はマルチな天皇さんで、和歌に秀でているとともに武芸もたしなむといういわゆる文武両道の方でした。

Dscn2510

後鳥羽上皇は隠岐で永眠されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そうめんの里への駅

Dscn2585

JR西日本姫新線(きしんせん)東觜崎(ひがしはしさき)駅です。駅名に東がついてるのは、かつての因幡街道の宿場町であった觜崎宿の東側に位置することに由来します。

Dscn2587

駅前は静かですが駅の東側の道路沿いはスーパー等が建つ住宅街となっています。

Dscn2586

駅の管理人です。多分

Dscn2588

揖保の糸(いぼのいと)の工場が軒を連ねてます。そうめんの里、素麺神社はここが最寄り駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

相撲の祖 この地で逝く

 昨年は世間をお騒がせた相撲界ですが、人気が低下しているとささやかれている一方でやはり国技として根強い支持があるのも事実です。

相撲の祖といわれる野見宿禰(のみすくね)さんは、日本書紀にその記録のある日本初の相撲を行った人といわれています。

Dscn2561_2

ここまでの道のりは結構大変でした。健脚の方におすすめです。

Dscn2562_2

野見さんゆかりの土人形と思われます。

Dscn2563_2

出雲に帰る途中この地で病死し、その後に出雲から多くの人々が集まり川からリレー式に石を運び墓を築いたとされています。

「野に立つ人」「立野」が、いつしか「龍野」という地名となったとされています。

Dscn2560

神社近くの展望台からたつの市の市街地を望みます。写真中央の揖保川(いぼがわ)はこの地に多くの恵みをもたらしました。この続きはまた後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

蔵屋敷風?

Dscn2537

この蔵屋敷風の建物は一体?

近くに行ってみると小学校の施設(兵庫県たつの市半田小学校のプール)でした。公式HPによると平成16年の竣工と、まだ歴史は浅いです。

Dscn2538

 Dscn2539

いたるところから凝った造りになってます。でもどうして小学校のプールを歴史的建造物風に作ったのでしょうか。その秘密は、、、この町の歴史にあります。それは江戸時代にまでさかのぼります。続きは後日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

大根で町おこし

Dscn2595 JR西日本山陽本線 山陽新幹線相生駅前にて

ど根性大根「大ちゃん」が誕生したのが2005年のこと、もう2年以上の月日が経ちました。

兵庫県西部の都市、相生市は一躍有名になりました。

Dscn2599  相生市役所にて

市内のそこかしこで大ちゃんの姿を見ることができました。

Dscn2600

極めつけはこれです。市役所近くのパーキングで見つけました。

Dscn2607

アップすると

Dscn2608

ペットボトルによる造形でした。広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

天神川駅

Dscn2684 広島ブログ

JR西日本山陽本線 天神川駅は平成16年3月13日に開業した今年4年目を迎える駅です。

 駅名は公募で選ばれましたが、私がこの駅名を聞いたときピンときませんでした。まず天神川という地名がないことです。

 天神川は駅の下を流れてますがコンクリートで蓋をしていてその存在を確認することができませんが、源流は天神谷でそのふもとにあるのが「尾長天満宮」です。

 Dscn2665

 Dscn2666

地元から「天神さん」と呼ばれ親しまれています。これが駅名決定の決め手になったものと考えます。

 Dscn2670

 神社に門があるのは珍しいそうです。隋身門といいます。

 Dscn2682

神社の警護役は、右大臣と左大臣です。境内の様子はまた後日紹介します。

 Dscn2668

 Dscn2669

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ダイセル異人館-2

Dscn2479

ダイセル異人館を設計したのは、大阪の初代「通天閣」の設計を手掛けた神戸の建築家、設楽貞雄さんです。こちらの建物は資料館として一般開放されています。

Dscn2480

Dscn2481

Dscn2482

周辺のダイセル化学工業さんの施設もまわりの景観を意識された設計となっています。

Dscn2483

Dscn2485

Dscn2484

山陽電鉄網干駅下車 神姫バス ダイセル前下車 

便数が少ないので注意してください。徒歩だと20分くらいでしょうか、途中新在家の古い町並みを散策されるのもいいかもしれません

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ダイセル異人館-1

Dscn2492

兵庫県姫路市網干区新在家にダイセル化学工業網干(あぼし)工場があります。

ここ新在家(しんざいけ)地区はかつて海運でさかえた町なのですが、明治時代の終わりに大日本セルロイドさんがこの地に工場を建設されました。

 Dscn2490

技術指導にきた外国人技師の宿舎が、今も大事に保存され公開されています。

 Dscn2489

Dscn2491

姫路市の保存樹のユーカリです

Dscn2488 広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

下克上

Dscn2439 広島ブログ

井原鉄道 早雲の里 荏原(そううんのさと えばら)にやってきました。

Dscn2441

戦国時代に小田原城を拠点に関東を支配する大名後北条氏の祖、北条早雲さんの生誕地です。

 長らく歴史上では、「下克上」の象徴とされてきましたが、近年の研究では、本名の伊勢新九郎は、それなりの身分の家系であったとされてきている。素性不明の浪人ではなかったようです。

 しかし、武将としては有能で、戦国時代初期の代表的な大名であることには変わりはありません

 Dscn2440

高架駅がほとんどの井原鉄道ですが、ここは違うようです。

 Dscn2442_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木造校舎に思う

Dscn2493 広島ブログ

木造校舎って本当に見かけなくなりました。

Dscn2495

この校舎も廃校になりましたが、別の用途に使用され今も現役です。

Dscn2494

玄関に大きく張り出した棟が印象的です。

Dscn2496

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

駅弁レクイエム

Dscn2614_2

老舗の駅弁屋さんが廃業されたと聞き、現地へ急行しました。ここ兵庫県赤穂市で創業し、その後新幹線のある相生(あいおい)に拠点を移され、多くの個性あふれる駅弁を提供されてきました。

 Dscn2618_2

播州赤穂駅では駅そば、うどんも経営されていました。

 Dscn2616_2

この1枚の張り紙が厳しい現実を突きつけます。

 Dscn2617

しゃこめしや忠臣蔵をテーマにしたもの、地酒入の物等がありました。こうやって地方の駅弁屋さんは少しずつ減少傾向にあり、新幹線の駅でも駅弁の販売しないところは少なくありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

呉線に乗ろう

Dscn2639

JR呉線は山陽本線、山陽新幹線三原駅より広島市の東、海田町の海田市(かいたいち)駅を結んでいます。広島ブログ

 山陽本線は瀬戸内海に面した都市を結んでいますが、車窓に海を望むことはほとんどできません。広島市周辺のように、埋め立てで海岸線が南下したことと、かつての街道に沿って敷設されたので山間部が多くなっています。

 山陽本線のバイパス線としては赤穂線や宇部線等がございますが、その中にあって呉線は最も瀬戸内海の車窓が楽しめる路線です。

 山陽新幹線が開通する前は、多くの優等列車が呉線を経由してました。今でこそ東広島市が人口急増地区になってますが、昔は沿線にはこれといった都市がございませんでした。

 現在呉線は広駅以西が広島への通勤通学路線、広駅以東がのどかなローカル線に二分化しています。

 現在JR西日本のTRAINプラスのキャンペーンが3月末まで開催中です。追って紹介できればと思います。

 Dscn2638

鉄道ファンに人気が高いDF50型とEF58型の模型が呉駅コンコースに展示されています。

 Dscn2636

Dscn2637

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

坂駅

Dscn2642

JR呉線 坂駅です。同駅の位置する安芸郡坂町は広島市に囲まれるような形で呉市に接しています。町名のように山の斜面に住宅が建ち坂の多い町ですが、近年沿岸部の埋め立てで住宅地や商業施設や企業が進出しベイサイドは急速に発展してます。

 Dscn2647 広島ブログ

坂駅も橋上駅に変貌しました。

Dscn2643

駅は町立図書館も併設しています、

Dscn2641

坂駅をはさんで旧市街地と新市街地を結ぶ歩道橋は町の町花にちなんで「あさがおロード」と呼ばれてます。

Dscn2644

ダンディーな方がタバコをふかす姿は絵になりますが、それもマナーを守るという前提のもとで。

Dscn2646

裏方の保線用の車両です。広島市東部地域は私にとっては未開拓なので今後も折を見て紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海に向かう矢

Dscn2633

福山市内海町です。瀬戸内海に浮かぶ島です。

Dscn2634 広島ブログ

遠くに見える橋が内海大橋です。

Dscn2632

この鮮烈な赤色のモニュメントが目に留まり思わず車を止めてパチリ。天使の表情がいいですね。

Dscn2635

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

子守唄の里

岡山県井原市高屋地区は子守唄の里と呼ばれてます。

 Dscn2438 広島ブログ

井原鉄道の駅名版にも描かれてます。

 Dscn2433_2

 Dscn2432

駅前には子守唄をモチーフにした銅像が建ってます。

 Dscn2437

一番ではわが子の寝顔は愛しいが夜鳴きはつらいと子育てのつらさの本音がぽろり。だからこんな子守唄が伝えられているのでしょう。

二番は生後25日たったので宮参り。

三番でお宮さんで子供の健やかな成長を祈願します。まめというのは中国地方の方言で「元気、健康」という意味です。

 Dscn2436

井原市出身の上野耐之(うえのたえゆき)さんがこの子守唄を揺籃(ゆりかごに乗っている頃転じて幼少期)から聞いて育ち、山田耕作さんに披露して、後に編曲され広く知られるようになりました。

 Dscn2435

井原市は全国子守唄サミットに加盟してます。駅の高架下にはサミット参加7市町村の子守唄が紹介されてます。毎年順繰りで加盟地で開催されてます。

http://ib.city.ibara.okayama.jp/Contents/7D63EBA115F/komori01.html

岡山県井原市高屋地区に伝わる子守唄です。上記サイトにて視聴できます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

備中歴史紀行 吉備真備

Dscn2456

井原鉄道の吉備真備(きびのまきび)駅です。人名がそのまま駅名になっているのは同じ岡山県の宮本武蔵駅があります。

 岡山県真備町(まびちょう)現在の倉敷市真備町の地名の由来にもなっている吉備真備さんは奈良時代にこの地に生まれ、遣唐使として2回中国にわたり、多くの文化を日本にもたらしました。現在も読みつがれている「孫子」も彼が日本に伝えたとされています。学者でありながら、学問の神様菅原道真公とともに大臣までのぼりつめた人でもあります。

 Dscn2457

駅前の歩道橋には遣唐使にちなんだデザインが、バス乗り場も中国風の建築になってます。

 Dscn2458

 Dscn2459 広島ブログ

 楷(かい)の木は中国の孔子にちなんだ木ではぜ科の植物です。

 Dscn2460

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミステリーで町おこし弐

元旦の記事の続きです。

Dscn2462 広島ブログ

川辺宿駅前には、ミステリー遊歩道の案内版あります。時間の関係と場所が特定できなかった箇所もあり行けたところだけ紹介します。

Dscn2467

一面田んぼが広がるのどかな風景のなかに「濃茶の祠」があります。

Dscn2466

「八つ墓村」で「八つ墓明神の祟りじゃー」でおなじみの「濃茶の尼」はここに由来してます。今回は訪れてませんが、「獄門島」のストーリーのヒントになった寺や、「本陣殺人事件」の題材になった旧本陣や、原稿等を展示した資料館があります。

Dscn2468

横溝正史さんは戦時中神戸からここ岡山県岡田村(現 倉敷市真備地区)に4年間疎開してました。ここで金田一耕助のデビュー作である「本陣殺人事件」や「獄門島」が執筆されました。

Dscn2469

「本陣殺人事件」に登場するJR西日本伯備線「清音(きよね)駅」です。第三セクター「井原鉄道」の起点の駅でもあります。

Dscn2470

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラッピング列車 はばたん

列車にカメラを向けと、お約束のヘッドライト点灯!2両目には見慣れぬ車両が、、

 Dscn2524 広島ブログ

Dscn2525

 2年前に開催された兵庫国体(のじぎく国体)のキャラクターの「はばたん」です。

Dscn2526

Dscn2527

 ムンクの「叫び はばたんバージョン」です。

Dscn2528

ヘッドマークには「ラッピングトレイン」となってます。

Dscn2529

地元では姫新線の乗客増のキャンペーンを実施されています。今回は偶然はばたんに遭遇しましたが、ご乗車されたり、撮影されたい方は「たつの市公式HP」に運行予定が掲載されてますので参考にしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大願成就の神様

Dscn2471

兵庫県赤穂市の大石神社です。

Dscn2472 広島ブログ

Dscn2473

参道には大石蔵之助さんをはじめとする47士の石像がならんでます。

Dscn2474

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

600回記念 ミステリーで町おこし

明けましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします。さて600回目の今日はなぞのシルエットでスタートです。

 Dscn2461_4 広島ブログ

この謎のシルエットは一体誰でしょう。どうしてここにあるのでしょうか。

 Dscn2463_2

第3セクター井原鉄道の川辺宿駅です。地元の高校生が描いた駅名板には「金田一耕助のふるさと」とあります。金田一さんって岡山出身?

 その謎を解くべく駅を出ると

 Dscn2465_2

Dscn2464_2

 この先には一体何が?この続きはまた後日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »