« 弓の木 | トップページ | 登竜門 »

天神さんの椅子

Dscn2677

尾長天満宮の境内にあるこの鳥居をくぐって山道を少し歩くと

Dscn2678

学問の神様 天神さんこと菅原道真公が大宰府へ向かう途中にこの地に立ち寄られ、休憩された石だと伝えられてます。後世、尾長天満宮として広島市内有数の学問の神様になりました。

 当時このあたりは海だったそうです。確かに、蟹屋、松原、白島といった海に関する地名が現在も近隣に残ってます。

|

« 弓の木 | トップページ | 登竜門 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

見るからに低そうで古そうな鳥居で、いいですね~!
こんな感じ大好きです!
私も神社に行ったらこんな感じのところに行ってしまいます。

投稿: ゆみごん | 2008年1月23日 (水) 07時00分

ゆみごんさんへ、そうですねかなり年季の入った鳥居のようです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年1月23日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天神さんの椅子:

« 弓の木 | トップページ | 登竜門 »