« 水の精 パノラマ | トップページ | 自由都市 堺 最終章 堺を制するものは天下を制す »

地下からの通信

広島城は戦時中、軍の主要施設がございました。その一つが中国軍管区司令部です。

Dscn2779

地下通信室の跡地です。戦災後市内の通信網が遮断された時、ここから軍事用の電話を使用して原爆の投下の第一報を伝えたとされています。

Dscn2778

広島城の片隅にあって見逃しがちなのが残念です。

Dscn2780_2

|

« 水の精 パノラマ | トップページ | 自由都市 堺 最終章 堺を制するものは天下を制す »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

今日はバレンタインデーのお届けです。(笑)

投稿: dream | 2008年2月14日 (木) 16時07分

dreamさんへありがとうございました。ご主人さんに叱られませんか?

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年2月14日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下からの通信:

« 水の精 パノラマ | トップページ | 自由都市 堺 最終章 堺を制するものは天下を制す »