« 待ちに待った | トップページ | 第6潜水艇 »

衣掛松

Dscn3012

624年の厳島姫命がこの地に立ち寄った際に装束を改めたいうことから、後に装束浜と呼ばれるようになり、衣を掛けた松(当時のものではないですが)は衣掛松として現在地に保存されてます。

石碑には「千早ぶる 神も心をよせむらむ 幾世かわらぬ衣掛の松」 藤原有隣

 岩国市装束町 装束会館前 JR和木駅徒歩5分

|

« 待ちに待った | トップページ | 第6潜水艇 »

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衣掛松:

« 待ちに待った | トップページ | 第6潜水艇 »