« 可部駅 | トップページ | 可部駅から可部街道へ-1 »

可部駅西口

Dscn3512

かつての可部駅前は狭くバスなど他の公共交通のアクセスが不十分でした。新たにできた西口は国道54号線に隣接してバスやタクシーのアクセスがより便利になりました。

Dscn3513

Dscn3514

Dscn3518

広場にあるモニュメントです。駅の西側には五右衛門風呂では国内トップメーカーの大和重工さんの本社工場があります。私も1度しか経験がない五右衛門風呂ですが、近年はアウトドアや発展途上国向けに、あるいは地震等の災害時に五右衛門風呂は活躍してます。

 Dscn3515

Dscn3516

可部の町を歩いていると気付きますが、今は暗渠となってますが、水路の跡が多く見られます。太田川の豊富な水を生かして、いまでも酒造や、醤油などのメーカーが点在してます。このなつかしの手押しポンプ、残念ながら飲むことはできませんが水は出ます。

Dscn3517

津田式といって、かつて広島で生産されていました。今でも市内各所で見ることが可能です。手押しポンプは川本式のものが三重、愛知県で今でも生産されていて、ガーデニング用などで利用されてます。

Dscn3519

|

« 可部駅 | トップページ | 可部駅から可部街道へ-1 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ああ、五右衛門風呂でしたか。
「大きなお釜」 おいしいごはんをたくさん炊いてくださるのかなぁ?と思ってしまいました(笑)

五右衛門風呂ねぇ。
結婚した頃、九州宮崎の主人の実家は五右衛門風呂でした。 釜に触れると熱いし、どう入っていいかわからずに大変でしたよ。

投稿: yume | 2008年5月21日 (水) 21時28分

yumeさんへ、説明不足ですみません。このモニュメントは羽釜です。ごはんを炊きます。世界一の羽釜が昨年の6月の記事にのってます。大和重工さんといえば五右衛門風呂ですので、、

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月21日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可部駅 | トップページ | 可部駅から可部街道へ-1 »