« 可部街道は奥が深い | トップページ | 閑話休題 ゴーヤちゃんプルー »

可部貯蓄銀行

Dscn3469

かつては何かの台座だったのでしょうか。株式会社可部貯蓄銀行とあります。

Dscn3466

お茶のお店でですが、、

Dscn3467

かつての旧可部貯蓄銀行でした。

Dscn3465

一般には公開されてませんが中には当時の立派な金庫が今も現役だそうです。

|

« 可部街道は奥が深い | トップページ | 閑話休題 ゴーヤちゃんプルー »

歴史」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

西洋建築」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰していましたがお元気で更新されていて
嬉しいです。ずっと遡って拝見しました。
またお邪魔しますね。

投稿: dream | 2008年5月25日 (日) 12時49分

兼松です。
Katata/堅田 http://katata.cocolog-nifty.com/blog/ へご訪問いただき、ありがとうございます。同好の士を得たようで、光栄です。広島には親戚が何人かいまして、子どもの頃は夏休みに仙酔島へ泳ぎに行っていました。仙酔島まで船に乗るのが楽しかったことを、今でもよく覚えています。
身近なところにいいところはいっぱいありますね。私がブログで紹介しているのは、ごくごく一部で、紹介しきれないくらいです。滋賀県なら、木ノ本や高月あたりの湖北もおすすめですよ。
堅田は京都駅から20分のところです。町内循環バスもありますし、何より堅田駅から浮御堂まで歩くことが可能な距離です。きっと気に入っていただけると思います。

投稿: J.Kanematsu | 2008年5月25日 (日) 14時02分

dreamさんへ、ご無沙汰です。今回のご旅行はとても有意義であったようですね。ブログを拝見して感じました。続きを楽しみにしております。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月25日 (日) 18時13分

JKanematsuさんへ、はじめまして、さっそくのご丁寧なコメントありがとうございました。鞆は正月に行ったのですが時間がなくてゆっくりできませんでした。仙酔島も行きたいですね。

 木ノ本、高月は昔、駅のほうは訪問してますが町並みはまだです。長浜とともにチェックしておきます。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月25日 (日) 18時18分

そして その金庫の中には大判小判がザックザックあったりして♪
今は使われず、そのまま残されているのでしょうか。
昔の銀行っって重厚な感じがして趣きありますね。

J.Kanematsuさんって堅田のお方なんですね。
こんなところで、大津の方とお会いできるなんて嬉しいです。
木之本の町は、一度ゆっくり訪ねたいと思っています。

投稿: yume | 2008年5月25日 (日) 21時15分

大津に住んでいた時期もあるんですが、今は大津の住人じゃないんです。堅田の人間がやっているブログのように思っていただけたなら、ありがたいです。私の住んでいる場所と堅田は季節の進み方が若干違うので、内心冷や冷やしながら写真を出しています。地元の方につっこまれたら、弱いですからね。実は堅田に住んだことはないです。そのうち、移住するかもしれませんが。

投稿: J.Kanematsu | 2008年5月26日 (月) 08時02分

yumeさんへ、金庫は今でも店で使用されているそうです。相当頑丈だと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月26日 (月) 22時11分

J.Kanematsuさんへ、地元の方とは違う第三者の方の別の見方も大事だと思います。これからも続けてください。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月26日 (月) 22時14分

私のブログに「ブログ・HPのご紹介」というリンクがあるんですが、ゆんたくエクスプレスへのリンクを張らせていただきました。ご連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。なにかお気づきの点があればご指摘下さい。今後ともよろしくお願いします。

投稿: J.Kanematsu | 2008年5月28日 (水) 06時27分

JKanematsuさんへ、私のつたないブログをとりあげていただきありがとうございます。またゆっくり訪問させていただきます。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月28日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可部街道は奥が深い | トップページ | 閑話休題 ゴーヤちゃんプルー »