« 梅林駅 | トップページ | 可部駅西口 »

可部駅

Dscn3439

JR西日本可部線可部駅です。かつては三段峡駅まで鉄路がございました。

Dscn3525

Dscn3524

Dscn3526

ローカル私鉄の終着駅の風情です。それもそのはず、国有化される前は私鉄でした。

Dscn3523

10人も入れば一杯になりそうな小さな待合室です。

Dscn3522

かつては貨物も扱っていたのでしょう。可部線沿線では群をぬく広大な構内です。

Dscn3520

駅前広場は狭い上に自転車であふれてますし、バスなどの乗り入れもままならないので国道に接する西側の整備が進んでます。次回紹介します。

|

« 梅林駅 | トップページ | 可部駅西口 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

かつての駅舎が狭くなった。。 
これは喜びですね。
かつての駅舎が広すぎてガランとしてしまった。。なんて駅舎が多いですもの。

投稿: yume | 2008年5月20日 (火) 15時55分

yumeさんへ、ほんとに数年前まではローカル線の風情でしたが、沿線人口の急増や再開発に伴い発展途上の路線です。でも車両を含めたハード部門はまだまだといったところです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年5月20日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅林駅 | トップページ | 可部駅西口 »