« 可部 美観を考慮して | トップページ | 可部 旭鳳酒造 »

可部 商店に焦点を当ててみた

Dscn3489

板金屋さんです。扉にプリントされている。錻力(ぶりき)という文字が歴史を感じさせます。

Dscn3490

不動産屋さんです。

Dscn3491

理髪店です。店舗はこの建物の右隣にありました。

Dscn3493

TABACCO屋さん

Dscn3494

レストランのようです。

Dscn3495

町の電器屋さんです。大手家電量販 エデイオングループの広島地場の「デオデオ」さんのフランチャイズ店です。

|

« 可部 美観を考慮して | トップページ | 可部 旭鳳酒造 »

風景」カテゴリの記事

コメント

郷愁を誘う街並みですね。画像も大きくて
見易いですね。

こんな街並みをカメラを持って歩いてみたいです。
きっと、うてきなぷりぱさんと同じ写真になったり
して・・・(笑)

投稿: dream | 2008年6月 1日 (日) 22時49分

dreamさんへ、まず目にとまるものにかなり違いがあるので同じというのは難しいと思いますね。だから人それぞれで面白いのかもしれません。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年6月 2日 (月) 20時52分

いい雰囲気のお店がいっぱいですね。
こちら 特に名前の知れた町並ではないようですが、そういう町の方が、「そのまま」自然に残っているのでいいんですよね。

「かべ3丁目」のレストラン 面白そうでする

投稿: yume | 2008年6月 2日 (月) 21時59分

yumeさんへ、おしゃるとおり観光化は全くされていない、いうなれば普段着の町並みです。観光化されることの是非はむずかしい問題ですが、私は俗化されない、でも活気のある町並みを望みます。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年6月 3日 (火) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可部 美観を考慮して | トップページ | 可部 旭鳳酒造 »