« 狩留家駅途中下車-2 | トップページ | 今日までそして明日から »

狩留家駅途中下車-3

Dscn3784

駅舎は地域のコニュニティーの場として利用されてます。

Dscn3786

駅周辺はかつての旧道です。立派な屋根瓦の民家が目立ちます。洋館風の建物です。かつてはどんな商売をされていたのでしょうか。

Dscn3787

田園風景の中を快走します。

Dscn3785

芸備線は下深川駅あたりから三篠(みささ)川に沿って走ります。自然にあふれてます。

|

« 狩留家駅途中下車-2 | トップページ | 今日までそして明日から »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 いい駅だなぁ。。 このあたりで途中下車するのもいいだろうなぁ。。って 拝見させてもらっています。

 「駅周辺はかつての旧道です。立派な屋根瓦の民家が目立ちます」 この部分で思い出したのですが。
 山陽本線沿には 赤瓦屋根の豪邸が随分たくさんあります。 まるでお城を思わせるようなものであったり、複雑な構造になっているもの。。
それらを、かなりの距離にわたって車窓から見ることができるのですが。。 あの地域の住居の特徴なのでしょうか?
 富を誇る住居なんでしょうか?。。
 
 前回も今回も。。とても気になりました。

投稿: yume | 2008年8月 4日 (月) 21時09分

yumeさんへ、赤瓦屋根は東広島市を中心とした地域、山口県の一部でも見ることができます。石州瓦といいます。大きな民家に多く、ある意味富の象徴といえると思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年8月 4日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狩留家駅途中下車-2 | トップページ | 今日までそして明日から »