« 笠岡駅途中下車6 カブトガニ | トップページ | 寺前駅途中下車-2 播但カラー »

寺前駅途中下車-1下車銀の馬車道

Dscn4035

JR西日本播但線寺前駅で偶然遭遇しました

Dscn4036

昨年の姫新線のはばたん号に続いて偶然のうれしい出会いでした。

Dscn4038

予備知識がなかったのでネットで調べてみると、今年から運用をはじめ、もう1パターンあるようです。姫路と寺前間を走行してます。

Dscn4039

明治初期に生野鉱山から姫路市の飾磨(しかま)港へ鉱石を運ぶ道路が銀の馬車道(生野鉱山寮馬車道)とよばれてました。播但線もその役を担い、沿線にはその史跡が残ってます。

Dscn4040

|

« 笠岡駅途中下車6 カブトガニ | トップページ | 寺前駅途中下車-2 播但カラー »

鉄道」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

こ、これは普通列車ですか?
ラッピング電車は大好きです。

九州には古い車両をラッピング、改造して使っている車両がたくさんありました。

投稿: yume | 2008年8月23日 (土) 15時00分

yumeさんへ、広島では広電やバスでラッピング車両は目にしますがJRはないですね。

 これは普通列車です。2編成しかないのでなかなか遭遇しないかもしれません。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年8月23日 (土) 18時14分

はじめまして。
先日は拙ブログにコメントいただき、ありがとうございました。
銀の馬車道ラッピング電車に遭遇されたんですね。このブルーを基調とした編成は5月下旬に登場した第2編成で、赤が基調の第1編成は3月に登場しております。
登場順に「銀馬車1号」「銀馬車2号」と勝手に名付けてブログで紹介していたところ、兵庫県中播磨県民局銀の馬車道担当課長の目にとまり、そちらでもこの呼び方を使ってくださっています。今後はもう1編成登場する予定があるそうですので、その時はまた会いに来てくださいね。

投稿: ケン坊 | 2008年9月26日 (金) 02時08分

ケン坊さんへ、コメントありがとうございます。列車名を使用してもらえるなんてすごいことですね。3号の登場が待ち遠しいですね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月27日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笠岡駅途中下車6 カブトガニ | トップページ | 寺前駅途中下車-2 播但カラー »