« 狩留家駅途中下車-3 | トップページ | 狩留家駅途中下車-4 »

今日までそして明日から

Dscn3885_2

Dscn3886_2

8月2日、広島修道大学で、吉田拓郎さんの歌碑が自身立会いのもと序幕されました。

吉田さんは同校の前身「広島商科大学」のご出身で広島フォーク村に参加され、当時アングラ的なイメージだったフォークソングを世間に認知させる行動を広島からスタートされました。

Dscn3887

Dscn3888

高校時代に友人の影響で、拓郎さんの歌に触れることとなりました。私自身は拓郎さんの世代ではございませんが、最近の歌にはあまりない、メッセージ性の強い歌詞やサウンドに惹かれていきました。

Dscn3894

Dscn3897

歌碑には拓郎さんの初期の代表曲「今日までそして明日から」の全歌詞が刻まれています。一度聞くと耳に残るシンプルながらも強いメロディーはいつまでも歌い継がれてほしいと思います。

 アストラムライン 「広域公園前」駅下車 山陽自動車道五日市IC降りてすぐ

|

« 狩留家駅途中下車-3 | トップページ | 狩留家駅途中下車-4 »

風景」カテゴリの記事

コメント

 そう、テレビでこの話題を聞いて。。 そうだ広島は拓郎さんの第二の故郷だったんだぁ。。と思い出しました。
 私って、恋愛に関してはオマセさんだったのですが、音楽に目覚めるのはみんなより数年遅かったんです。
そして、目覚めたのは「たくろう」深夜放送でよく聴いてました。。。 LPもたくさん買いました。 コンサートにも行きました。
 その後に 好きになったのが「オフコース」なんてのは ちょっと不思議ですけどね。


 「たくろう」はあの町にいたんだぁ。。と 今更 去年の秋の広島を 思い出してます。

投稿: yume | 2008年8月 4日 (月) 21時04分

yumeさんへ、私は恋愛は奥手で音楽に目覚めるのは早かったように思います。オフコースは高校の文化祭で「愛を止めないで」を歌いましたね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年8月 4日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狩留家駅途中下車-3 | トップページ | 狩留家駅途中下車-4 »