« 廃線跡の忘れ物 | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 愛と平和の壁画 »

猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 寄り添う二人

海岸線までせり出した2本の尾根が猪の口に見えることから、猪の口(いのくち)が井口になったとされています。いぐちではなくいのくちと読みます。

Dscn4182

 

実は私がブログを始めた頃井口は一度取り上げてますが、月日は移ろいセカンドステージとして別の視点で取り上げてみます

Dscn4190

JR西日本山陽本線新井口(しんいのくち)-五日市駅間、広島電鉄宮島線商工センター入口ー広電五日市駅間は仲のいい恋人達のように、JR君と広電さんがなかよく並走(寄り添う)区間です。その距離、2.4KMです。大きなカーブあり、JR広電共用の踏切が3箇所もありラッシュ時は通過するのも大変です。でも愛の力で(両社の安全への取り組み)できっと乗り越えるでしょう。

Dscn4191

今私が立っているのは、井口二丁目歩道橋です。写真右側に位置します、県立井口高校、市立井口中学の生徒さんたちが主に利用してます。

並走区間を撮影するベストポイントです。

Dscn4192

写真向かって左側がJR、右側が広島電鉄です。かつては一番右側の道路あたりは瀬戸内海でした。

Dscn4194

Dscn4193

東へのびる宮島街道、かつての海岸線を埋め立てて現在の広島市西部の大動脈となってます。

広島ブログ

|

« 廃線跡の忘れ物 | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 愛と平和の壁画 »

鉄道」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

「宮島」へ、行きは「広電」 帰りは「JR」だったのに、去年は全く気がつきませんでした。

 今年の夏 九州から帰ってくるときに うわ? 併走しているの?。。と感動でした。

 もしかすると 隣に広電が走っていなかったら気がつかないままだったかもしれません。

広がりのある風景ですね。

投稿: yume | 2008年9月25日 (木) 11時27分

yumeさんへ、並走区間はまだあるのですが、この区間が圧巻ですね。平野の少ない広島の歴史は干拓、埋立の歴史でもあります。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月25日 (木) 22時17分

奥行きのある、いい写真ですねー!
今、私の使っているカメラは望遠がきかないので、新しいカメラを買って、こんな広がりのある、見ていて気持ちいい写真を撮ってみたいです。

投稿: J.Kanematsu | 2008年9月29日 (月) 13時38分

J.Kanematsuさんへ、ここの並走区間はいつか写真に収めたいと思ってました。次回はJRと広島電鉄の並走を収めたいと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月29日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃線跡の忘れ物 | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 愛と平和の壁画 »