« 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 寄り添う二人 »

廃線跡の忘れ物

宇品線廃線跡に咲くコスモス、この先は完全に舗装され道路になっています。来年このコスモスが咲くことはないかもしれません。

P1000017

宇品線の痕跡を探しまわってやっと見つけたレールです。

P1000016

旧沿線に数箇所ある宇品線モニュメントです。

 P1000019

広島ブログ

|

« 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 寄り添う二人 »

鉄道」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

ここのコスモスですね。>来年は見られないかも・・
淋しいですね。
南段原のベンチに座ってみたいですね。座った先には
何が見えるのでしょう・・・小公園・・?

投稿: dream | 2008年9月23日 (火) 11時19分

dreamさんへ、ベンチに座ると見えてくるのは、宇品港から出征した多くの兵隊さんか、沿線の学校に通う生徒さんたちを乗せた列車でしょうか。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月23日 (火) 13時26分

来年は、もうコスモスが咲かないなんて。。
こうして少しずつ、宇品線がみなさんの記憶の中から遠ざかるのでしょうか?
せめてモニュメントはずっと残っていて欲しいですね。

小湊鐵道の飯給駅から、トトロや猫バスが見えるように、ここのベンチからは、出征された兵士そんが見えるのですか。。
列車は夢があって、どこにでも連れてってくれそうです。


投稿: yume | 2008年9月23日 (火) 16時11分

yumeさんへ、先ほどは大変失礼いたしました。宇品線もモニュメントはyumeさんが以前紹介されていた2箇所以外にもございますのでまた機会があれば紹介いたします。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月23日 (火) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で | トップページ | 猪の口 いのくち物語 セカンドステージ 寄り添う二人 »