« 西脇市駅途中下車 加古川線カラー | トップページ | 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で »

宇品線廃線跡

P1000015

再開発が進む南区段原(だんばら)地区にて国鉄宇品(うじな)線の痕跡を追ってみました

移転が決定している段原中学校にある記念碑です。

広島ブログ

|

« 西脇市駅途中下車 加古川線カラー | トップページ | 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で »

鉄道」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

そちらの中学が移転したら、この記念碑はどうなるんでしょうか?
わずか 6キロと言う 宇品線の廃線跡がこうしてあちらこちらに残っているのは嬉しい事だと思います。

去年の秋、宇品線を訪ねた時の自分のブログ記事を読み返して見ました → http://michiyo0520.blog20.fc2.com/blog-entry-960.html


うてきなぷりばさんが、始めてコメントくださったのが、宇品線の記事だったんですね。

投稿: yume | 2008年9月21日 (日) 20時00分

yumeさんへ、懐かしく拝見させていただきました。この中学は被爆当時は第一国民学校で、戦後すぐは救護所となりました。当時の建物も一部残ってますので、原爆を風化させないためにも記念碑とあわせて保存してほしいと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年9月21日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西脇市駅途中下車 加古川線カラー | トップページ | 宇品線廃線跡ー再開発の狭間で »