« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-1 尾関山駅 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-3 尾関山駅 長いホームの先は »

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-2 尾関山駅 駅名板の違い

駅名板の字体はゴシック調ですが見比べてみると線のはね方等に違いが見られますね。

柱に取り付けてあるのはおそらく国鉄時代のものでしょう。JRのものはローマ字と平仮名の表記があります。こういった字体を見比べてみるのも駅観察の楽しみかと思います。

Dscn4233

Dscn4235

広島ブログ

|

« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-1 尾関山駅 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-3 尾関山駅 長いホームの先は »

鉄道」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

国鉄時代のものって、やはり味がありますね。
いい感じです。

投稿: yume | 2008年10月 3日 (金) 17時28分

JRになって国鉄時代のものが少なくなってますので、今の内に記録していきたいと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年10月 3日 (金) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-1 尾関山駅 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-3 尾関山駅 長いホームの先は »