« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-6 尾関山公園 無題 鳥と少女 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-8 SL8620型 »

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-7 尾関山公園 歴史に翻弄された女性

阿久里(あぐり)姫、私には瑤泉院(ようぜんいん)さんといったほうがピンときます。忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭さんの正室です。

阿久里さんは幼少期の7年間のみ三次で暮らしていたにとどまりましたが、こうやって像が建立されることから鑑みて、江戸時代という歴史に翻弄された1人の女性ということで地元の方には300年以上たった今でもインパクトを与え続けた方なのかもしれません

平成の今も凛とした、どこかしら慈悲にあふれたまなざしで三次市を見つめられてます。

Dscn4239_2

Dscn4241

|

« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-6 尾関山公園 無題 鳥と少女 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-8 SL8620型 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-6 尾関山公園 無題 鳥と少女 | トップページ | 三次市三次町浪漫歴史倶楽部-8 SL8620型 »