« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

松山にて-最終章 松山城

今回は仕事がらみでしたのでフリータイムは皆無でもう最終章です。鉄道ネタも今回はございません。松山紀行は次回の宿題となります。

P1000025

P1000028

| | コメント (2)
|

松山にて-3 伊予絣とヤブツバキ

松山市のマンホールです。ヤブツバキと周囲は伊予絣がデザインされています。カラー版は撮影できなかったので、次回の宿題となります。

P1000023

| | コメント (0)
|

松山にて-2 伊予絣の生みの親

P1000026_2

伊予絣の生みの親鍵谷カナさんの像です。松山市内の「伊予かすり会館」にて

| | コメント (0)
|

松山にて-1

正岡子規さんの句碑です。愛媛県の特産品「伊予絣(いよかすり)」。今ではほとんど聞くこと無い機織の音、どんな音風景だったのでしょうか

 P1000024

花木槿(はなむくげ)家ある限り機(はた)の音   

| | コメント (6)
|

鈴峯女子大前駅途中下車-4 EF66

国鉄時代のEL EF66も今だ健在です。私も負けずにがんばろう。

Dscn4331

| | コメント (2)
|

鈴峯女子大前駅途中下車-3 鉄橋の下は

鉄橋の下は、、なかなか見る機会がないのでじっくりと観察です。

橋桁は煉瓦造り、枕木は木製

Dscn4332

Dscn4333

| | コメント (2)
|

鈴峯女子大前駅途中下車-2 干潟を歩く-2

干潮時に八幡川の干潟を歩いてみました。

Dscn4336

| | コメント (2)
|

鈴峯女子大前駅途中下車-1 干潟を歩く-1

Dscn4337_2

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩-12 ラストシーズン 備後庄原駅

大正12年開業のJR西日本芸備線備後庄原駅です。現在では近郊を結ぶ普通列車のみが発着しております。中国自動車道庄原ICも市内中心部から近いせいもあり玄関口としての機能ははたしてないようです。

 跨線橋は新しくなってます。冬に備えてラッセル車も待機してます。

Dscn4281

複雑な線路配置をみると昭和40年くらいまではおそらく多くの貨物で賑わったのでしょうか

Dscn4282

3-4年前に映画「いとしのヒナゴン」の公開で一躍脚光をあびた庄原市ですが、町の風景からはかつての賑わいが感じられませんでした。今回は時間の関係で訪問できませんでしたが、同市の地形をうまく活用した国営備北丘陵公園や、上野公園、ゆるやかな坂道に歴史的建造物が並ぶ三日市地区などは非常に魅力的な観光資源になりうると思います。

 赤い瓦屋根が目にも眩しい駅舎をご紹介しながら庄原市を後にしたいと思います。近いうちに再訪することを心に思いつつ、、、

Dscn4283

 

| | コメント (6)
|

しょうばら遊歩-11 七塚駅の顔

Dscn4296

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩-10 七塚駅を利用しましょう

国営備北丘陵公園の最寄駅なんですね。でもほとんどの人は観光バスや自家用車で訪問されるようです。本数も少なく不便ですがJRも利用しましょう。

Dscn4298 広島ブログ

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩-9 七塚駅のホームに立つ

稲刈りが始まってます。

Dscn4297

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩-8 七塚駅全景

Dscn4294

| | コメント (4)
|

しょうばら遊歩-7 七塚駅-1

Dscn4295

| | コメント (2)
|

しょうばら遊歩-6 倉田百三

庄原市出身の作家 倉田百三さんの歌碑です。中央児童公園内にございます。

Dscn4290

広島ブログ

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩-5 鮎の里

庄原市のマンホールには鮎がデザインされてます。

Dscn4289

| | コメント (2)
|

しょうばら遊歩-4 市民会館のモニュメント

庄原市民会館にございますこのモニュメントですが、題名を控えるのを忘れました。どなたかの情報をお待ちしております。仮題「希望への飛翔」 私が勝手につけました。

Dscn4291

Dscn4292

Dscn4293

| | コメント (2)
|

しょうばら遊歩-3 学園通り

庄原市の学園通りには「庄原小学校」「庄原実業高校」がございます。市内七塚地区には広島県立大学もあり、総合田園学園都市を目指します。

Dscn4286

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩 花咲く街角

庄原実業高校にて

Dscn4287

広島ブログ

| | コメント (4)
|

しょうばら遊歩 市の花つつじ

Dscn4285

| | コメント (0)
|

しょうばら遊歩

大変好評な「三次市三次町」シリーズですが、都合によりしばし休止いたします。

庄原市は広島県北部の都市で人口は4万1千人です。この地図を頼りに遊歩スタートです。

Dscn4284

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-15 石畳見て歩き

Dscn4257

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-14 石畳を歩くゆったりと

キャッシュコーナーも景観をそこなわないように佇みます。

Dscn4256

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-13 石畳を歩くマイペース

Dscn4254

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-12 石畳をそぞろ歩く

景観を損なうことなく営業されている喫茶店です。

Dscn4253

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-11 石畳を歩くのんびりと

うだつの並ぶ商家。クーラーの室外機は景観的に、、でもここに暮らしがあるという証しなんでしょう。

Dscn4251

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-10 石畳を歩く ゆっくりと

三次の町並みをゆっくりと歩いてみました

Dscn4250

広島ブログ

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-9 石畳を歩く

三次本通り商店街は電柱等が地下に埋められ、美しい石畳の道が続きます。さあー散歩がはじまります。

Dscn4249

広島ブログ

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-8 SL8620型

Dscn4244

SL 8620型 (通称ハチロク)は日本で始めて量産化された蒸気機関車(SL)です。

ここ三次市文化会館以外に国内10数箇所で保存されています。ここは屋根、柵付きの完全防備のおかげで保存状態もまずまずかと思います。

柵の中にデジカメを入れての撮影です。三次の方々には変な親父に見えたことでしょう。SL特有の迫力が伝えられなかったことが残念でございます。

Dscn4245

Dscn4246

広島ブログ

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-7 尾関山公園 歴史に翻弄された女性

阿久里(あぐり)姫、私には瑤泉院(ようぜんいん)さんといったほうがピンときます。忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭さんの正室です。

阿久里さんは幼少期の7年間のみ三次で暮らしていたにとどまりましたが、こうやって像が建立されることから鑑みて、江戸時代という歴史に翻弄された1人の女性ということで地元の方には300年以上たった今でもインパクトを与え続けた方なのかもしれません

平成の今も凛とした、どこかしら慈悲にあふれたまなざしで三次市を見つめられてます。

Dscn4239_2

Dscn4241

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-6 尾関山公園 無題 鳥と少女

尾関山駅より20分ほど歩くと駅名の由来となった「尾関山公園」があります。公園の駐車場を抜けるとこの少女のモニュメントが迎えてくれます。

Dscn4239

広島ブログ

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-5 尾関山駅 駅舎再見

ホームからの風景、雑草はないものの植栽は手入れが行き届いてないようです。

Dscn4232_2

次の列車までまだ相当時間があるのに2台のタクシーがお客さん待ちでした。

駐車禁止の看板を見ると浜田鉄道部長とあります。ここはJR西日本米子支社浜田鉄道部の管轄になります。

Dscn4238

広島ブログ

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-4 尾関山駅 利用しにくいダイヤです。

尾関山駅の時刻表です。1日に上下5本づつあります。三次方面に至っては9時から16時まで7時間も空白があります。最終便の時間から考えて通学にあわせたダイヤのようです。

とは言うものの、三次市は人口6万の広島県北部の行政の中心都市です。もう少し本数があってもいいのではと思います。

Dscn4237

| | コメント (4)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-3 尾関山駅 長いホームの先は

かつては長い編成の車両が運行されていたのでしょうか。現在は1両編成で運行されています。この先はJR芸備線三次駅です。高架で結ばれています。

Dscn4234

広島ブログ

| | コメント (0)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-2 尾関山駅 駅名板の違い

駅名板の字体はゴシック調ですが見比べてみると線のはね方等に違いが見られますね。

柱に取り付けてあるのはおそらく国鉄時代のものでしょう。JRのものはローマ字と平仮名の表記があります。こういった字体を見比べてみるのも駅観察の楽しみかと思います。

Dscn4233

Dscn4235

広島ブログ

| | コメント (2)
|

三次市三次町浪漫歴史倶楽部-1 尾関山駅

尾関山駅の開業は昭和30年と比較的新しい駅です。この駅舎も当時のままでしょう。

今日から広島県三次(みよし)市の旧市街地をゆんたくしてきたいと思います。その第一弾目は玄関口となるJR西日本三江線(さんこうせん)尾関山(おぜきやま)駅です。

ホームから撮影しました。

Dscn4236

広島ブログ

| | コメント (0)
|

レールの先には

このレールの先には、、、今では珍しくなった正真正銘の枕木です。

左奥のレールはかつての引込み線、何を積み込んでいたのでしょうか?

Dscn4211

広島ブログ

| | コメント (0)
|

水島駅途中下車

Dscn3935

| | コメント (2)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »