« 長楽寺駅途中下車-1 654 | トップページ | 長楽寺駅途中下車-2 被爆電車とアストラムライン »

長楽寺駅途中下車-2 被爆電車は何を語る

昭和17年生まれのこの車両は、原爆の被害に会いながらも修復をくりかえし一昨年まで現役でした。被爆電車と呼ばれる650型は現在4両が現存し、内2台が現役です。

Img_0029

Img_0033

|

« 長楽寺駅途中下車-1 654 | トップページ | 長楽寺駅途中下車-2 被爆電車とアストラムライン »

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか。
広島の町をずっと見てきた電車。
いろんな「想い」を運んできた電車なんですね。。

投稿: yume | 2008年12月16日 (火) 21時32分

yumeさんへ、この電車は戦時中の昭和17年に誕生し、自ら戦災にあい、激動の時代をへて、戦争と平和を見つめてきた生き証人です。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年12月16日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長楽寺駅途中下車-1 654 | トップページ | 長楽寺駅途中下車-2 被爆電車とアストラムライン »