« 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛- 小さな忘れ物 | トップページ | 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛-5 町家通り »

自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛-4 鳥居をフレームの中に取り込んで

厳島神社左楽房(さがくぼう)(国宝)からの鳥居の眺めです。

Dscn4477

|

« 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛- 小さな忘れ物 | トップページ | 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛-5 町家通り »

風景」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

歴史的建造物」カテゴリの記事

コメント

今年のお正月に行きましたので懐かしく
見ています。またいつか行こうと思います。
↓のベビーシューズ、きっと若いお母さん
必死で探されたことでしょう。

持ち主に届くといいなあ~と思いますが・・・
昔、私も同じようなことがありましたが
見つかりませんでした・・・靴ではなく帽子・・・
横断歩道を渡る前にはちゃんとこどもは
被っていたのに渡り終ったら被っていなかった、
しかも私はこどもを抱っこしていたのに・・・
母も一緒でしたので必死にさがしました・・・(笑)
とっても私が気に入っていたので今でも
思い出しますね。

投稿: dream | 2008年12月 4日 (木) 22時48分

dreamさんへ、身に着けてるものをなくしたり落としたり、誰もが一度は思い当たるふしがあるんでしょうね。こうやって持ち主を失った物たちはやがて町の風景から消えていくのでしょうね。悲しいけれど仕方ないですね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2008年12月 5日 (金) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛- 小さな忘れ物 | トップページ | 自称「宮島観光おやじ」の宮島道中膝栗毛-5 町家通り »