« 広電列車図鑑-2 | トップページ | 広電列車図鑑-4 わてはなにわの電車でっせ »

広電列車図鑑-3 バリアフリー

Img_0469

優先座席  歴史は意外に新しく都営地下鉄で1970年代にはじまり、その後国鉄も採用しシルバーシートとして全国に知られるようになりました。現在ではシルバーシートではなく「優先座席」の表記が一般的なようです。

 検索サイトで「優先座席」を調べると、実に色んな情報にヒットします。その多くが車内でのマナーの悪さを指摘するものでした。

 かつて阪急電鉄が全席優先座席を採用しましたが、途中で頓挫してしまったそうです。

ここ広島電鉄の優先座席の表示は日本語以外に、中国、韓国、英語で表記されている上他の言語の方にもわかりやすいイラストがついてます。

 福祉の充実にはお金がかかります。福祉大国の北欧も消費税は日本の比ではありません。しかし優先座席じゃなくても席を譲ることは誰にでもできる無償の福祉かと思います。

 譲った方も譲られた方もきっと幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

段差がない低床車両もっと増えて欲しいですね。世の中の段差、格差もついでに解消できないでしょうか

Img_0470

|

« 広電列車図鑑-2 | トップページ | 広電列車図鑑-4 わてはなにわの電車でっせ »

鉄道」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広電列車図鑑-2 | トップページ | 広電列車図鑑-4 わてはなにわの電車でっせ »