« 親子で尾道ウォーキング-20 歴史と風格のある駅 | トップページ | 親子で尾道ウォーキング-22 JRを渡ってみよう »

親子で尾道ウォーキング-21 花の命は短くて苦しきことのみ多かりき

「放浪記」、「風琴と魚の町」等でおなじみの林芙美子さんは、女学校卒業までここ尾道で過ごしました。

林さんの作品はまだ読んだことがないので、これを機会に芙美子ワールドに触れてみようと思います。

 Img_0756

Img_0757

|

« 親子で尾道ウォーキング-20 歴史と風格のある駅 | トップページ | 親子で尾道ウォーキング-22 JRを渡ってみよう »

風景」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

昔、林芙美子作品に傾倒して殆ど読みましたが
はるか昔のことで懐かしいです・・・。

投稿: dream | 2009年4月 5日 (日) 09時38分

dreamさんへ、昨日図書館で借りてきました。風琴と魚の町を読みました。今日は「放浪記」です。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年4月 5日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親子で尾道ウォーキング-20 歴史と風格のある駅 | トップページ | 親子で尾道ウォーキング-22 JRを渡ってみよう »