« 恒久平和を広島から | トップページ | 切り札 »

原爆ドームに思う

原爆の惨禍で失われた多くの尊い命に心よりご冥福をお祈りいたします。

原爆の惨禍をくぐりぬけて今尚、歴史の生き証人の役割を担う原爆ドーム。しかし老朽化はいがめません。この補修予算をどうやって捻出するかが今後の重要課題かと思います。すでに旧被服工廠も取り壊し案も出ており、原爆ドームの存在もますます重要になってきます。

Img_0295

Img_0300

Img_0311

Img_0327

|

« 恒久平和を広島から | トップページ | 切り札 »

歴史」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

こちらにいるとついつい忘れがちになりますが、今年は黙祷できました。こちらでは8月6日が何の日か知っているひとは少ないです。


広島Blogクリック

投稿: JJ太郎 | 2009年8月 7日 (金) 22時26分

JJ太郎さんへ、返信遅くなって申し訳ございません。そうですね、私も広島を離れると忘れてしまうかもしれません。毎年、TV等で平和式典が放映されるたびに思い出すのかもしれません。も50年以上経つのにその被害は続いているのですね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年8月 9日 (日) 09時48分

原爆ドームの老朽化ですか。
そんな事、考えもしていませんでした。
原爆の悲惨さを後世に伝える、永久の建物、時間の止まった建物だと思っていました。

原爆ドームは、その悲惨さを目に訴える最大の建物だと思います。
そういう意味で、ずっと残って欲しい。。

広島の建物は「近代建築」としての価値でなく、平和を祈る建物のしての価値と義務をもっているように思います。

投稿: yume | 2009年8月14日 (金) 17時30分

yumeさんへ、ご無沙汰しております。原爆ドームも被災から64年、建設からだと94年もたってますのでかなりの年代物です。
 yumeさんがおっしゃるとおりに建造物の価値と、戦争を語る記録としても今後の動向も気になります。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年8月15日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒久平和を広島から | トップページ | 切り札 »