« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ゆんたくエクスプレス 明日に向かって走れ 宮島編シーズン1

http://www.jr-miyajimaferry.co.jp/ship/img/h3.jpg

Img_1570

宮島航路は本年2月よりJR西日本直営から、グループ会社のJR西日本宮島フェリー株式会社に経営が変更になりました。青春18切符は引き続き利用可能です。

9時から16時10分までの便は大鳥居に大接近のサービスもございます。

信号符字 JD2147です

   ・----・・・・---・----・・・・---・・・

Img_1571

Img_1572

| | コメント (2)
|

町の風情 IN 御手洗

Img_1543

町のところどころにございます。きっと貴方の心強い水先案内人になることでしょう。

Img_1544

各家に飾られたきれいな花々

Img_1545

エアコンの室外機を隠す格子が良いだけに、自販機も一工夫ほしかったですね。

| | コメント (0)
|

西洋建築 IN 御手洗

江戸時代の港町の風情を残すここ御手洗にも西洋建築は似合います。

Img_1554

Img_1555

Img_1559

| | コメント (0)
|

明治のとけいやさん

通りに面したところを西洋風にした看板建築。

Img_1550

広島ブログ

明治時代からの時計店

Img_1551

Img_1552

| | コメント (6)
|

港町交番

Img_1564

Img_1563_2

フクロウが夕暮れになって飛び始めるように、人間の知恵や哲学というものはいつも文明の発展に遅れてやってくるものである。

| | コメント (2)
|

御手洗ぶらり

Img_1547

Img_1549

旧映画館 乙女座

| | コメント (2)
|

御手洗いではありません御手洗です。

Img_1565

ついに念願の御手洗へ、このめずらしい地名はかつて菅原道真公、平清盛公がこの地に立ち寄った際に手を洗ったのがこの地名の由来というのが説とされています。

現在の町並みが形成されたのは1666年とされてます。4代将軍家綱さんの時代です。

| | コメント (0)
|

島から島へと渡ってゆくのよ♪

島から島へと渡ってゆくのよ。あなたとこれから生きてく私♪広島ブログ

瀬戸内海に浮かぶ大小の島々、かつては航路で結ばれておりました。もちろん男女の永遠の契りも、海を渡っていったのです。

時代は流れて、多くの島々が本土および四国で橋と言う名の巨大建造物によって結ばれるようになりました。そのおかげで私は以前から気になっていた御手洗(みたらい)へ行く運びとなりました。

 呉の市街地を抜けて仁方(にがた)を過ぎたところに安芸灘大橋(あきなだ)がございます。ここから安芸灘とびしま海道がスタートです。入口で¥700を払って下蒲刈島へと急ぎます。

有料の橋はここだけで後の橋は無料となります。

島内の道路は非常に整備されていて、港のある集落は斜面に作ったバイパスを迂回するようになります。蒲刈大橋、豊島大橋(平成20年11月18日開通)、豊浜大橋、平羅(へいら)橋、中ノ瀬戸大島橋、岡村大橋で岡村島へ到着しここで終了です。およそ30分の旅でした。連休中にかかわらず車も少なく快適なドライブです。

http://www.kurenavi.jp/html/toyohama_01.html

 島内にはコンビニ等はなく自販機も皆無でした。また集落を迂回するので、飲食店も少ないので、本土である程度用意されて置かれることをお勧めいたします。

 終点の岡村島は愛媛県今治市(えひめけんいまばりし)となります。

Img_1540_2

岡村大橋です。

Img_1539

今日1日で7つの島を渡っていきました。

Img_1344

橋は多くの人や物資を短時間で多く運べますが、便利になった反面、過疎化の懸念もぬぐえません。

| | コメント (2)
|

いつか歩いた道

いつか歩いた道。でも実際ははじめて足を踏み入れた。はじめてなのに何故かなつかしい、そんな気持ちにさせるのが板井原集落です。

Img_1392

Img_1394

| | コメント (4)
|

広島3B

ドイツ3Bといえば、バッハ(Bach) ベートーベン(Beethoven) ブラームス(Brahms)ですが、

広島3Bといえば、Branch(支店) 広島は中四国の中心都市、企業の支店が多い。昨今は不景気のあおりで市内中心部のオフィスビルに空きテナントが増加しております。

Bridge(橋) 太田川のデルタ地帯に位置する広島市中心部は橋が多く、東西に伸びる道路はアップダウンが多く、ひろしま男子駅伝の最終区では勝負の鍵を握ってます。

日本3大歓楽街の流川(ながれかわ)に由来してBarという場合もあります。

Bus 日本一の発着数を誇る広島バスセンター。JR広島駅が市内中心部より離れていること、平地が少ないので近郊でも丘陵地や高台に住宅が多いことから、市内はバスが縦横無尽い運行されてます。

 今日はバス祭り、普段はバスを利用することはありませんが、ノンステップバス、アイドリングストップバス等、環境に留意した車をよく目にしますね。これを機会にバスの小旅行もいいかもしれません。

 グリーンのラインは電車と同じ 広島電鉄バス

Img_1516

安佐北区、安佐南区方面はおまかせ! 広島交通バス

Img_1511

通称「赤バス」 広島バス

Img_1526

| | コメント (2)
|

下水道への入口

平成21331日現在、全国の下水道普及率は72.7%(下水道利用人口/総人口)となってます。

広島市は92.9% 広島県は67% 県内で最も高いのは坂町の99.4%です。

市内には下水管が5400kmもございます。私たちがトイレや流しから流す負の水を下水管は水に流してくれています。地下にもぐっていて普段目にすることはできませんが、私たちに衛生な社会生活をもたらしてくれてます。縁の下の力持ちならぬ土の下の力持ちですね。本当に大事な物は目に触れないところにあるのかもしれません。

 マンホールは普段よく目にしますが、地方ごとに色んなデザインがあります。安芸郡府中町は町花の椿をあしらってます。

 P1000117

 ちなみに広島市内には19万4000個のマンホールがございます。

| | コメント (2)
|

便器でベンキ

Img_1499 便器でベンキ ではなく 便器でベンチでした。洋式トイレがかなり普及してますので、1日のうち何分か、一生のうちにかなり腰掛けていると思います。

 中には読書をするスペースであったり、アイディアとかがふっと浮かんだりするスペースであったりします。

かつてトイレは雪隠と呼ばれ不浄の存在でありました。現代そういう存在では無くなったのxxxのおかげです。

此処トイレはxxxへの入口なのです。   続く

Img_1500

| | コメント (2)
|

黄色い南瓜 4連荘

Img_1364

広島ブログImg_1365

Img_1366

Img_1367

| | コメント (0)
|

赤南瓜 四昧

Img_1375 Img_1374

直島海の駅隣接の広場にて

Img_1376

青いホースリールとのコントラストがいいですね。

Img_1379

| | コメント (2)
|

打ち水にRAINBOW

そういえば、最近打ち水をしている風景をみかけませんね。往来の人にかからないように、まわりを見ながら

打ち水にレインボー、小さな虹が見えることも

Img_1506

Img_1507

| | コメント (4)
|

板井原集落-2

空き家が多いようですが、何処と無く生活の匂いを感じます。

Img_1390

Img_1391

| | コメント (0)
|

時間を巻き戻されたような

かつて鳥取県一の宿場町といわれた智頭(ちづ)の中心部から杉木立の中を20分ほど車で走り、トンネルを抜けたところに山間のわずかな平地に駐車場がある。

周辺は畑はあるものの人家はなくおそろしいほどの静けさであります

駐車場には私の車だけ。ほんとにここに集落あるのかと、少々不安になりつつも山道を数分下ると集落が現れます。

Img_1388

Img_1389

| | コメント (2)
|

never giveup

今日はマツダスタジアム初の降雨による中止ゲームとなりました。この結果はすばらしい総天然芝と水はけの良いグラウンドの真価が発揮されたものと思います。10月くらいに振り替えがあるのでしょうか。雨降って地固まる試合を期待したいですね。プレーボールは明日13:30です。

029

051

| | コメント (0)
|

びっくりテラス

010

012

日本初の球場内アウトドアスペース、他の球場に定着しますでしょうか?マツダスタジアムが日本のボールパークをチェンジする。

| | コメント (0)
|

松山や 松のうら風吹きこして しのびて拾う 恋忘れ貝

時は1156年、平安時代後期保元の乱が起きました。不遇の天皇、崇徳院さんが、平家、源氏、摂関家のいざこざに乗じて反乱をおかし、敗れて讃岐に配流される際に滞在したのが直島です。京都から遠く離れた瀬戸内海に浮かぶこの島の人たちは、朝廷のことなど知る由も無いかもしれません。

 中央政界の権謀術数にいい加減へきへきしていたところに島民の人懐っこい態度は、素直にみえたのかもしれません。直島の名前の由来とされてます。

松山や 松のうら風吹きこして しのびて拾う 恋忘れ貝

Img_1381

忘れ貝という貝があるそうです。その貝を拾うと恋が忘れられるそうです。都への望郷の思いが感じられます。

| | コメント (0)
|

おやじの海

香川県に浮かぶ直島で同じ職場で出合った2人から名曲が生まれました。

Img_1349

瀬戸の花嫁 ♪も同じ香川県小豆島の沖に浮かぶ沖ノ島をモデルに山上路夫さんが作詞されました。

| | コメント (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »