« never giveup | トップページ | 板井原集落-2 »

時間を巻き戻されたような

かつて鳥取県一の宿場町といわれた智頭(ちづ)の中心部から杉木立の中を20分ほど車で走り、トンネルを抜けたところに山間のわずかな平地に駐車場がある。

周辺は畑はあるものの人家はなくおそろしいほどの静けさであります

駐車場には私の車だけ。ほんとにここに集落あるのかと、少々不安になりつつも山道を数分下ると集落が現れます。

Img_1388

Img_1389

|

« never giveup | トップページ | 板井原集落-2 »

歴史的建造物」カテゴリの記事

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

 昔ながらの建物を改築、修復して飲食店やお土産屋さんにしてしまったお店が幾つか並び、綺麗な案内板がある。。  そんな宿場町、町並は多いですが、こういう まるっきり「そのまま」の町って言うのは本当にいいですね。
殆ど誰も知らないような、まるで秘境かのような町。
どんな雑誌にも、サイトでも紹介されてないような町。
でも、自分でも知る術がなかったりするんですよね。

この続きが楽しみです。

投稿: yume | 2009年9月13日 (日) 21時05分

yumeさんへ、ここ板井原集落は、民家を改造した喫茶店があるくらいでほとんど開発の手が入ってません。去年智頭宿へお邪魔したときに、パンフレットにのっていて気になっておりました。

 ネットとかで検索はできますが、とても不便なところなので現状維持されているのかもしれません。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年9月14日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« never giveup | トップページ | 板井原集落-2 »