« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

西ノ京への道しるべ-3

Img_1629 Img_1628

| | コメント (0)
|

西ノ京への道しるべ-2

大正5年建築の山口県旧県庁舎の中に入ってみました。

Img_1625

Img_1627

| | コメント (2)
|

CCダンス

ラッキー池田さんとのコラボ 5回裏の攻撃前のお約束。ビールの売り子さんたちが、ダンサーに変化するのは圧巻でした。来年はがんばってフリをマスターしようかな。

Img_1766

| | コメント (0)
|

西ノ京への道しるべ-1

Img_1650

Img_1646

大正時代の県庁舎と県議会堂の両方が現存しているのは山形県とここ山口県のみです。

| | コメント (0)
|

神の島での鹿との共生

Img_1622

宮島で散策してますと鹿に出会います。立ち食いしていたら寄ってきたり、ビニール袋を食べようとします。ビニールは鹿にとって命にかかわります。ガイドさんによっては、食べようとした軽く叩いてくださいとも言われます。

動物には大きく分類すると草食動物と肉食動物となります。。草食動物は鹿や馬、牛やヤギなど。肉食動物は犬や猫、ライオン等です。人間はどちらでもなく雑食動物です。、タヌキ、ネズミ、熊、豚なども雑食動物です。

肉食と草食の分け方は、食物の分解を行う消化器の働きやその能力によって分けられます。

鹿や、ヤギ、牛などは反芻動物といわれ、4つの胃を持ってます。第一の胃と第二の胃には胃液や消化酵素はなく、主に硬いセルロース(炭水化物、植物細胞に含まれる)を微生物によって分解をする場所です。食物を口で咀嚼(そしゃく)後、胃に送って部分的に消化した後、再び口に戻して咀嚼します。こうして唾液と混ざったセルロースはやがてグルコース(ブドウ糖)となって最終的にエネルギー源となります。

微生物がエネルギーを消費する時点で生産される揮発性脂肪酸とメタンが牛の栄養源になります。

 鹿が食べる樹木にはこういった柵も見られます。

Img_1576

Img_1616

| | コメント (0)
|

飲酒運転による事故を完全ロック

Img_1532

| | コメント (0)
|

神の島で絶滅危惧種

Img_1615 

そういえば日常生活でトンボを見ること殆どないような気がします。先日お邪魔した板井原集落ではとんぼは風景に溶け込んでいました。

宮島にはミヤジマトンボという絶滅危惧種がございます。中国原産のトンボがなぜ此処に生息しているのは未だに謎とのことです。

絶滅危惧種に指定されている由縁としては自然環境の悪化があげられます。それと問題なのは心無い方の密猟にあります。

6ヶ月以下の懲役と罰金60万。とても重い犯罪です。ご注意を

Img_1597_2

| | コメント (2)
|

ザビエルと山口

フランシスコザビエルさんが山口市に来られたのは1550年のことです。

Img_1657

Img_1659

| | コメント (0)
|

旧赤間関郵便電信局

下関市は1989年に赤間関市、山口県最初の市としてスタートし、13年後下関市となる。下関駅も同年、馬関(ばかん)駅より下関駅へ改称

Img_1741

下関は山口県東部の上関(かみのせき)に相対するものであります。

| | コメント (0)
|

第二のふるさと

私の第二のふるさとは広島市。金子みすずさんはここ下関です。実は勉強不足でこの地を訪れるまでその事実を知りませんでした。情けない話です。唐戸市場前に私の好きな、私と小鳥と鈴との

  私が両手をひろげても、
  お空はちっとも飛べないが、
  飛べる小鳥は私のように、
  地面を速く走れない。

  私が体をゆすっても、
  きれいな音はでないけど、
  あの鳴る鈴は私のように、
  たくさんな唄は知らないよ。

  鈴と、小鳥と、それから私、

   みんなちがって、みんないい

記念碑があったなんて知りませんでした。、次回訪問時の宿題を残してしましました。日本全国に広がる宿題の数々、旅行のたびに増え続けるのです。

 Img_1730

お部屋の障子は、ビルディング。

しろいきれいな石づくり、

空まで届く十ニ階、

お部屋のかずは、四十八。

一つの部屋に蝿がゐて、

あとのお部屋はみんな空。
四十七間の部屋部屋へ、

誰がはいつてくるのやら。

ひとつひらいたあの窓を、

どんな子供がのぞくやら。

―― 窓はいつだか、すねたとき、

指でわたしがあけた窓。

ひとり日永にながめてりや、

そこから見える青空が、
ちらりと影になりました。

ちらりと影になりました。

障子をビルディングに比喩する発想は私には不可能です。

| | コメント (4)
|

レトロな郵便局

Img_1740

| | コメント (0)
|

立ち見しながら考える

10/10のカープの最終戦。優勝、CSシリーズのチームも決定し、今日はいわゆる消化試合なのですが、人気のカード巨人戦なのでこの日も大入りとなりました。

試合開始2時間30分前に入場したのですが、内野自由席は、早めに球場入りしたと思しき方の陰謀で、物を置いたり、テープを張るなどした所謂席取りが横行してました。

花見のように公共の場所ならいざ知らず、お金を払っている場所なので、場内放送や球場係員の方の監視が必要かと思います。

 職員の方の説明も要領を得ないし、今回老人会の団体の方と偶然ご一緒させていただきましたが、シルバーシート的なものも必要かと思います。

 入場券の裏面には立ち見の場合もあると記載ありますが、何らかの説明やアナウンスは必要かと思います。

Img_1752

内野自由席とテラス席の通路の中にある立ち見スペース

Img_1753

眺めはこうです。内野がほとんど見えません。テラス席の柵まで行けばかなり見えますが、黄色い線より出てはいけないことになってますが、殆どの方がはみ出してました。私は後ろで観ておられる方のことを考えながらかがんで観戦しました。

もし目障りでしたらゴメンなさい。

Img_1754

多くの方が来年以降も楽しく観戦できるようにお願いいたします。

| | コメント (2)
|

角島灯台記念館

Img_1713

Img_1715

広島ブログImg_1716

「灯台の父」と呼ばれたリチャード・ヘンリー・ブラントンさんの設計による最後の灯台で、日本海では初めての洋式灯台。レンズは日本でも6箇所しかない特大のフレネルレンズで、第1等灯台に指定されています。

この灯台は、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台日本の灯台50選にも選ばれています。北長門海岸国定公園内に含まれ、灯台周辺は下関市立の角島灯台公園となっている。灯台守の宿舎であった退息所が復元され資料館となり、参観灯台として常時内部が一般公開されております。(灯台の入場料が必要です。)

館内はせまいながらも調度は凝った印象です。

| | コメント (0)
|

下関唐戸レトロ

唐戸市場、海響館を満喫してから、下関唐戸レトロへ

Img_1728

| | コメント (2)
|

下関で潮風にちぎれて

Img_1721

門司の町並みが間近に、きいと夜景も美しいであろう。

Img_1722

観光客のみなさん、喫煙、ポイ捨ては厳禁です。これは下関に限ったことではなく全国でも罰則規定の有無に関係なく守るべきことでしょう。

Img_1723

| | コメント (0)
|

記録よりも記憶

記録よりも記憶に残る選手になりたい。スポーツ選手によく聞かれる台詞ですが、記録はデータとして保存はされるが、記憶は人間の脳という不完全なデータベースに保存されるので消えてしまうことがある。だから物や映像によって時々記憶を呼び戻せばいいのかもしれない

Img_1770

Img_1778

ラストコール 8番センター緒方考市  来年はもうこの球場にはこだましない

| | コメント (0)
|

海峡に海響

海響館での一コマ

Img_1748

Img_1749

Img_1750

Img_1751

屋外の風景ばかりになりましたが、水槽を泳ぐ魚達はぜひこちらに足を運んでご覧になってください。

| | コメント (0)
|

こんな記念撮影っていいな

今年4月にオープンしたマツダズームズームスタジアムも早いもので今期の最終戦となりました。遅ればせながらのスタジアムデビューから今日で3度目、奇しくも緒方選手の引退セレモニーに立ち会うことが出来ました。セレモニーの後の記念撮影のシーンです。緒方さんのファミリーも同席しての和気藹々とした素敵なスナップとなりました。

Img_1786

| | コメント (0)
|

下関の風を感じて

Img_1720

Img_1725

Img_1746

かつての港町の賑わいを取り戻すキーワードがここ唐戸(からと)市場です。店頭に並ぶお寿司や海鮮丼等テイクアウトでします。

| | コメント (2)
|

袋の中で商談

Img_1724

ふくの袋せり、袋の中で色んな駆け引き、商談が短時間で行われています。

| | コメント (0)
|

灯台の螺旋階段に思いを馳せて

Img_1709 1001回目の記事です。900回を超えてから、かなりの数の記事を整理をかねて削除した関係で、ここまで来るのに大変時間がかかってしまいました。これからは一段、一段足元を確かめながらブログが書ければと思います。

Img_1710

Img_1712

Img_1711

灯台のてっぺんはとてもせまく10人くらいしか展望台には立てません、悪しからず。でも眼下には美しい海原が広がります。¥200

画面中央に小さく見える教会は、映画「四日間の奇蹟」のロケセットに使用されましたが、解体が予定されてます。

| | コメント (0)
|

おいら岬の燈台守は

Img_1707

海上保安庁のマスコット「うみまる」君はタテゴトアザラシの子供で平成10年4月10日うまれです。階級は二等海上保安正です(海上保安庁HPより)

広島ブログImg_1708

おかげさまでゆんたくエクスプレスは1000回目となりました。今後ともよろしくお願いいたします。混沌としたこの時代に明るい光を灯し続ける、そんな灯台のようなブログを目指します。

♪妻と二人で 沖行く船の
  無事を祈って 
  灯をかざす 灯をかざす♪

| | コメント (4)
|

おいでませ山口へ 北長門海岸国定公園

山口県の瀬戸内海は和木、岩国、周南、防府、宇部といった工業地帯、一方日本海側は海岸線の殆どが北長門海岸国定公園に指定され、対照的な風景となってます。

Img_1699

Img_1700

| | コメント (0)
|

おいでませ 山口へ 角島大橋

2000年(平成12年)11月3日開通。
離島に架かる通行無料の橋としては日本二番目です。平成17年2月8日に沖縄県の古宇利大橋(全長1,960m)が1位です。

Img_1697

Img_1702

| | コメント (2)
|

日本三景

Img_1619

宮島桟橋を降りた広場にあるのが 日本三景碑です。

安芸厳島陸奥松島丹後天橋立為慮三奇観

1643年林春斎藤(はやししゅんさい)さんが「日本国事跡考」に記載

彼の誕生日7/21が「日本三景の日」に制定されてます。

日本三景がはじめて登場するのは、腹八分目等の健康法元祖カリスマの「養生訓」でお馴染みの貝原益軒(かいばらえっけん)さんとされてます。

三景はすべて海の景色です。

| | コメント (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »