« レトロな郵便局 | トップページ | 旧赤間関郵便電信局 »

第二のふるさと

私の第二のふるさとは広島市。金子みすずさんはここ下関です。実は勉強不足でこの地を訪れるまでその事実を知りませんでした。情けない話です。唐戸市場前に私の好きな、私と小鳥と鈴との

  私が両手をひろげても、
  お空はちっとも飛べないが、
  飛べる小鳥は私のように、
  地面を速く走れない。

  私が体をゆすっても、
  きれいな音はでないけど、
  あの鳴る鈴は私のように、
  たくさんな唄は知らないよ。

  鈴と、小鳥と、それから私、

   みんなちがって、みんないい

記念碑があったなんて知りませんでした。、次回訪問時の宿題を残してしましました。日本全国に広がる宿題の数々、旅行のたびに増え続けるのです。

 Img_1730

お部屋の障子は、ビルディング。

しろいきれいな石づくり、

空まで届く十ニ階、

お部屋のかずは、四十八。

一つの部屋に蝿がゐて、

あとのお部屋はみんな空。
四十七間の部屋部屋へ、

誰がはいつてくるのやら。

ひとつひらいたあの窓を、

どんな子供がのぞくやら。

―― 窓はいつだか、すねたとき、

指でわたしがあけた窓。

ひとり日永にながめてりや、

そこから見える青空が、
ちらりと影になりました。

ちらりと影になりました。

障子をビルディングに比喩する発想は私には不可能です。

|

« レトロな郵便局 | トップページ | 旧赤間関郵便電信局 »

文学」カテゴリの記事

コメント

金子みすずさんの「わたしと小鳥とすずと」。
私も大好きです♪

投稿: くま | 2009年10月17日 (土) 22時54分

「わたしと小鳥とすずと」私も好きです。

はずかしながら初めて知りました。

投稿: U | 2009年10月18日 (日) 10時21分

くまさんへ、金子みすずさんももっと注目されてもいいような気がします。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年10月18日 (日) 17時55分

Uさんへ、いろいろ調べていったつもりでも見落とすことが多いものです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年10月18日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レトロな郵便局 | トップページ | 旧赤間関郵便電信局 »