« 飲酒運転による事故を完全ロック | トップページ | 西ノ京への道しるべ-1 »

神の島での鹿との共生

Img_1622

宮島で散策してますと鹿に出会います。立ち食いしていたら寄ってきたり、ビニール袋を食べようとします。ビニールは鹿にとって命にかかわります。ガイドさんによっては、食べようとした軽く叩いてくださいとも言われます。

動物には大きく分類すると草食動物と肉食動物となります。。草食動物は鹿や馬、牛やヤギなど。肉食動物は犬や猫、ライオン等です。人間はどちらでもなく雑食動物です。、タヌキ、ネズミ、熊、豚なども雑食動物です。

肉食と草食の分け方は、食物の分解を行う消化器の働きやその能力によって分けられます。

鹿や、ヤギ、牛などは反芻動物といわれ、4つの胃を持ってます。第一の胃と第二の胃には胃液や消化酵素はなく、主に硬いセルロース(炭水化物、植物細胞に含まれる)を微生物によって分解をする場所です。食物を口で咀嚼(そしゃく)後、胃に送って部分的に消化した後、再び口に戻して咀嚼します。こうして唾液と混ざったセルロースはやがてグルコース(ブドウ糖)となって最終的にエネルギー源となります。

微生物がエネルギーを消費する時点で生産される揮発性脂肪酸とメタンが牛の栄養源になります。

 鹿が食べる樹木にはこういった柵も見られます。

Img_1576

Img_1616

|

« 飲酒運転による事故を完全ロック | トップページ | 西ノ京への道しるべ-1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲酒運転による事故を完全ロック | トップページ | 西ノ京への道しるべ-1 »